コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショ(蔗)糖 しょとう

百科事典マイペディアの解説

ショ(蔗)糖【しょとう】

化学式はC12H22O11。スクロース,サッカロースとも。砂糖の主成分。ブドウ糖と果糖が結合してできた代表的な非還元性二糖類。無色の単斜結晶で融点160〜185℃。酸または酵素で容易に加水分解され,ブドウ糖と果糖の等量混合物(転化糖)を生ずる(転化)。ショ糖は植物界にきわめて広く分布し,ウリジン二リン酸グルコース(UDPGとも)と果糖または果糖−1−リン酸から生成される。動物体内ではスクラーゼにより分解され,重要なエネルギー源。工業的にはサトウキビやテンサイから抽出・精製され,甘味料,菓子原料などに利用される。(図)
→関連項目糖蜜バガス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ショ(蔗)糖の関連キーワードサッカロース

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android