コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショオ族 ショオぞくShe

翻訳|She

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショオ族
ショオぞく
She

中国の福建,浙江両省の山地に主として分布する民族。人口約 59万 (1990) 。ヤオ (瑤) 族の一支族。ヤオ族の故郷,湖南から焼畑耕作をして山伝いに広東に出,さらに北上して現住の地にたどり着いたらしい。霊獣と姫との間に生れた子を祖先とする神話があり,「槃瓠 (ばんこ) 歌」で歌われるが,毎年,その霊獣 (ヤオ族の槃瓠に相当) を祀る儀式を行うという。山腹に棚田を開き,水稲耕作を行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ショオ族【ショオぞく】

中国,福建省浙江省に主に居住する民族。〈山中の客人〉を意味するいくつかの自称がある。〈ショオ〉とは他称で焼畑耕作の意。言語はミヤオ・ヤオ(苗瑶)語派とされるが,ほとんど客家(ハッカ)語を用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ショオ族の関連キーワードヤオ(瑶)族麗水(中国)江西(省)安徽(省)客家語ヤオ族ばんこハッカ客家泉州現住南平湖南霊獣広東

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android