コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショッピング・センター ショッピングセンター

2件 の用語解説(ショッピング・センターの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ショッピング・センター

大規模集合型小売商店街。通常,小売店だけでなく,飲食店や駐車場等のサービス施設を備え,郊外型のものが多い。日本においても,1969年に開発された〈玉川高島屋ショッピングセンター〉を皮切りに,モータリゼーションと郊外化の波に乗って普及した。
→関連項目カルフール[会社]ショッピング・モールワンストップ・ショッピング

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショッピング・センター
しょっぴんぐせんたー
shopping center

SCと略示することもある。流通近代化を目ざして多数の小売店が計画的に形成する集合商店街のこと。第二次世界大戦後のアメリカで、都市の郊外化に伴う自家用車による購買行動に適合するため、ワンストップ・ショッピング(1回の駐車で必要な買い物をすべて済ませる)を可能にさせる意図から始まった。日本に導入された初期には、大規模小売店の進出に対抗するため、小規模店が共同して駅ビルや地下街を利用するものが多かったが、漸次、大規模店を核とし、各種専門店や付帯施設を計画的に配置し、総合的サービスを提供するものへと変わってきている。交通の便が最重要条件であることに変わりはない。
 ショッピング・センターには、その商圏(顧客吸収範囲)に応じて、主として専門品と買回り品を扱う大規模都心型、買回り品を中心にする大・中規模郊外型、日用品を主体にする小規模近隣型の3種がある。住宅の郊外移転と生活水準の向上は、日用品を近所で買い、買回り品や専門品を楽しみながら時間をかけて買い求めるという購買慣習を生み、これが新しい商店街を生み出すことになった。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショッピング・センターの関連キーワード大規模小売店舗法小売商ボランタリー・チェーン大規模小売店舗立地法掛率小売専門店小売店ラック・ジョバー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ショッピング・センターの関連情報