コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラカバ(白樺) シラカバ Betula platyphylla var. japonica; birch

3件 の用語解説(シラカバ(白樺)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シラカバ(白樺)
シラカバ
Betula platyphylla var. japonica; birch

カバノキ科の落葉高木。シラカンバまたはカバノキとも呼ぶ。北半球冷温帯に広い分布をもつ母種 (オウシュウシラカバ B. platyphylla) の日本における変種とされる。日本では北海道,本州,九州などの山地にブナ帯に混って生じ,本州中部では標高 1000~1200mあたりに自生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シラカバ(白樺)【シラカバ】

シラカンバとも。本州中部〜北海道の山地や高原,原野にはえるカバノキ科の落葉高木。しばしば山火事跡地などの陽地に群生する。樹皮は白く横にはげる。葉は三角状卵形で先はとがり,縁には重鋸歯(きょし)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シラカバ【シラカバ(白樺) Japanese white birch】

白い樹皮が美しく,高原のシンボルとして愛されるカバノキ科の落葉高木(イラスト)。シラカンバともいう。山火事跡地などの陽地に群生する。小枝ははじめ暗紫褐色であるが,薄く紙状にはげて白色となる。葉は長枝に互生し,短枝には2枚ずつつく。葉身は三角状広卵形で,不整の鋸歯がある。雄花序は長枝の先端部に形成され,裸出して冬を越し,新芽の開出時に下垂して花粉を散らす。雌花序は短枝に頂生し,冬芽に包まれて冬を越す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シラカバ(白樺)の関連キーワードシンボルエレクトロンボルトフンボルト大学シンボルマークステータスシンボルセックスシンボルシンボルカラーPICシンボルフンボルトペンギンシンボルツリー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone