コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラカバ(白樺) シラカバBetula platyphylla var. japonica; birch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シラカバ(白樺)
シラカバ
Betula platyphylla var. japonica; birch

カバノキ科の落葉高木。シラカンバまたはカバノキとも呼ぶ。北半球冷温帯に広い分布をもつ母種 (オウシュウシラカバ B. platyphylla) の日本における変種とされる。日本では北海道,本州,九州などの山地にブナ帯に混って生じ,本州中部では標高 1000~1200mあたりに自生する。幹は高さ約 14m,径 60cmにも達し,樹皮が白くて美しいので有名であるが,これは外皮に白いろう質 (ワックス) を分泌するためである。葉は互生し,三角状卵形で縁に不規則な細かい二重鋸歯がある。春に,葉に先立って開花する。雌雄同株。雄花序は尾状で下垂し,雌花序は上向きにつく。樹皮をつけたまま山小屋などの建築材にするほか,細工物などに用いる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シラカバ(白樺)【シラカバ】

シラカンバとも。本州中部〜北海道の山地や高原,原野にはえるカバノキ科の落葉高木。しばしば山火事跡地などの陽地に群生する。樹皮は白く横にはげる。葉は三角状卵形で先はとがり,縁には重鋸歯(きょし)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シラカバ【シラカバ(白樺) Japanese white birch】

白い樹皮が美しく,高原のシンボルとして愛されるカバノキ科の落葉高木(イラスト)。シラカンバともいう。山火事跡地などの陽地に群生する。小枝ははじめ暗紫褐色であるが,薄く紙状にはげて白色となる。葉は長枝に互生し,短枝には2枚ずつつく。葉身は三角状広卵形で,不整の鋸歯がある。雄花序は長枝の先端部に形成され,裸出して冬を越し,新芽の開出時に下垂して花粉を散らす。雌花序は短枝に頂生し,冬芽に包まれて冬を越す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シラカバ(白樺)の関連キーワードダケカンバ(岳樺)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android