コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロハラ Turdus pallidus; pale thrush

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロハラ
Turdus pallidus; pale thrush

スズメ目ツグミ科。全長 24cm。背面は暗オリーブ褐色,喉は暗灰色,腹は白い。ロシア沿海地方,ハバロフスク地方中国東北部と,おそらく朝鮮半島などに繁殖分布し,日本や朝鮮半島,中国南東部で越冬する。日本には広島県対馬に繁殖記録があるが,おもに冬鳥(→渡り鳥)として本州中部以南に多数が渡来する。冬季は山麓や平地の雑木林などに生息し,春先には畑や乾いた水田でもよく見られる。昆虫類ヤスデ類などを主食とするが,種子などもかなり食べる。沖縄で越冬する鳥はタニシの一種をよく食べる。「きょっ,きょっ」と聞こえる声で鳴く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シロハラ

ヒタキ科の鳥。翼長12cm。背は暗緑褐色で腹面は汚白色。ウスリー,中国東北等に分布。日本には冬鳥として渡来し,全国の低地〜低山の林に見られる。中国山地西部では少数が繁殖する。冬季は単独で生活。薄暗い林の中の地上で木の実,昆虫などを食べる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロハラ
しろはら / 白腹
pale thrush
[学]Turdus pallidus

鳥綱スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科の鳥。いわゆる大形ツグミの1種で、日本では冬鳥である。中央シベリア高原、中国南部、ウスリー地方、朝鮮半島に繁殖分布し、冬は中国南部、インドシナ半島、フィリピン、ボルネオ島まで南下する。全長約24センチメートル。上面は暗褐色で、下面は淡褐色。雌は全体に色が淡い。尾の先端両側に白い三角形の斑(はん)がある。よく茂った暗い林を好み、樹上に巣をかけて4卵を産む。冬は、林の中の地上で採食しているのをみかけることが多い。昆虫などの動物質のほか、ノイバラの実などもとる。[竹下信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シロハラの関連キーワード村掟/近江今堀地下掟アカハラミズヘビトウゾクカモメミズナギドリ目テロックバハンミズナギドリゴジュウカラセミイルカコカゲロウサギ(鷺)国際保護鳥ジネズミウミワシアナドリ水薙鳥盗賊鴎グアノサギシギ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シロハラの関連情報