コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロハラ シロハラ Turdus pallidus; pale thrush

3件 の用語解説(シロハラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロハラ
シロハラ
Turdus pallidus; pale thrush

スズメ目ツグミ科。全長 24cm。背面は暗オリーブ褐色,喉は暗灰色,腹は白い。ロシア沿海地方,ハバロフスク地方中国東北部と,おそらく朝鮮半島などに繁殖分布し,日本や朝鮮半島,中国南東部で越冬する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シロハラ

ヒタキ科の鳥。翼長12cm。背は暗緑褐色で腹面は汚白色。ウスリー,中国東北等に分布。日本には冬鳥として渡来し,全国の低地〜低山の林に見られる中国山地西部では少数が繁殖する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロハラ
しろはら / 白腹
pale thrush
[学]Turdus pallidus

鳥綱スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科の鳥。いわゆる大形ツグミの1種で、日本では冬鳥である。中央シベリア高原、中国南部、ウスリー地方、朝鮮半島に繁殖分布し、冬は中国南部、インドシナ半島フィリピンボルネオ島まで南下する。全長約24センチメートル。上面は暗褐色で、下面は淡褐色。雌は全体に色が淡い。尾の先端両側に白い三角形の斑(はん)がある。よく茂った暗い林を好み、樹上に巣をかけて4卵を産む。冬は、林の中の地上で採食しているのをみかけることが多い。昆虫などの動物質のほか、ノイバラの実などもとる。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シロハラの関連キーワード五十雀小椋鳥紅雀岩雲雀木走モッキングバードスズメ(雀)ツグミ(鶫)マネシツグミ(真似鶫)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シロハラの関連情報