コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンチレーション計数管 シンチレーションケイスウカン

2件 の用語解説(シンチレーション計数管の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シンチレーション‐けいすうかん〔‐ケイスウクワン〕【シンチレーション計数管】

放射線測定器の一。放射線蛍光物質などの発光体に衝突して発せられる光を光電子増倍管などで増幅し、電気信号として計測する。シンチレーションカウンター。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シンチレーション計数管
しんちれーしょんけいすうかん

発光物質(シンチレーターという)と光電子増倍管組み合わせ放射線検出器。発光物質中で荷電粒子は構成原子と衝突しイオン化を繰り返して運動エネルギーを失う。イオン化で生じた低いエネルギーの電子(δ(デルタ)線という)がさらに原子を励起していく。励起原子が基底状態に戻るときに発生した可視領域またはそれに近い波長の光を光電子増倍管に導くと、光電面で光電子が発生し、二次電子増幅されて増倍管の陽極で数マイクロアンペアから数百ミリアンペアのパルス電流として取り出される。γ(ガンマ)線は発光物質中で光電子またはコンプトン電子の運動エネルギーにかわり、前述の機構で検出される。中性子は発光物質中で反跳陽子を発生するので、それを通じて検出する。発光物質としてヨウ化ナトリウム、ヨウ化セシウムなどの無機結晶、アントラセン、ナフタレンなどの有機物の結晶または溶液、プラスチック、不活性ガスが用いられる。γ線にはおもにヨウ化ナトリウムやヨウ化セシウム、中性子には水素の多い有機物が使用される。検出感度は荷電粒子で100%、γ線、中性子で10から数十%にも及ぶが、エネルギー分解能は電離を利用した半導体検出器や比例計数管に劣る。時間分解能(時間測定の精度)が高く高速な同時測定や飛行時間測定に用いる。[池上栄胤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone