シンバル[symbal](読み)シンバル

音楽用語ダスの解説

シンバル[symbal]

ドラム・セットのシンバルは、1枚を専用のスタンドでセットし、これをスティックやマレットでショットして音を出す。シンバルはその口径や厚さなどによって様々なサウンドが得られるので、タムと同様に10枚以上もセットしている例もある。普通ドラム・セットで組まれるシンバルは、リズムを刻むライド・シンバル(Ride Cymbal)とアクセントを付けるためのクラッシュ・シンバル(Crash Cymbal)の2種類。ライドは演奏者の右手に立てられ、クラッシュはどのようなタイミングでもアクセントを打ち込めるよう左右に1本ずつ立てられることが多い。ライドのサイズは18インチから22インチ、クラッシュは16インチから19インチくらいの大きさが普通で、厚さはThin(薄い)、 Medium(中位)、 Heavy(厚い)という3種類を基本にそれぞれの中間などもあって、5~7段階に分かれている。この2種類以外に、8インチから12インチくらいの小さな口径のスプラッシュ(Splash)や、エッジがそり上がっているチャイニーズ(Chinese)といわれるシンバル、余韻を長く引き延ばす効果をもつリベット(シズル、Sizzle)を打ち込んだシンバルなど、様々なタイプのシンバルがある。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android