コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンビジウム シンビジウム cymbidium

翻訳|cymbidium

6件 の用語解説(シンビジウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンビジウム
シンビジウム
cymbidium

常緑のランのこと。シンビジュームともいう。ラン科シュンラン属のうち,シュンラン (春蘭) ,カンラン (寒蘭) ,ホウサイラン (報歳蘭) などの東洋ランを除いたもので,園芸的には洋ランとして市場に出回っているものをさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シンビジウム(〈ラテン〉Cymbidium)

ラン科シュンラン属の植物の総称。シュンラン・カンランなど。また、シュンラン属のうち、主に熱帯に分布する原種や、園芸品種をもさす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シンビジウム

日本,中国,東南アジアオーストラリアに分布するラン科の一属。約70種あり,園芸的には日本・中国産の東洋ランと洋ランに分けられるが,普通シンビジウムと呼ぶのは後者で,熱帯産の野生種とその交雑種をさす。
→関連項目シュンランラン(蘭)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シンビジウム【Cymbidium】

ラン科シュンラン属Cymbidiumに属する常緑のラン(イラスト)。園芸的にはシンビジウムの名で呼ばれるのは,シュンランカンランなど東洋ランとされるシュンラン属植物を除くもので,洋ランの重要な一群である。インド北部から中国,東南アジア,さらにオーストラリアに広く分布し,約60種あまりが知られている。地生種も,樹木に着生するものもあるが,多くはやや乾いた場所を好む。 普通は偽球茎が発達し,それに6~10枚くらいの左右に扇状にひろがる細長い硬い葉をつけ,葉の先端はやや垂れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

シンビジウム【Cymbidium】

ラン科シンビジウム属の多年草の総称。日本に自生するシュンランやカンランを含む。園芸上は、熱帯アジアに広く分布するランの改良品種をいう。アレクサンデリー・カナリ・ドリスなどの名で栽培される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シンビジウム
しんびじうむ
[学]Cymbidium

ラン科シンビジウム属の総称。約70種を含み、熱帯アジアを中心に、北は日本、中国、ヒマラヤ山麓(さんろく)、インドからオーストラリアまで広く分布する。園芸的には、温帯産のカンランやシュンランなどを東洋ランとして区別する場合がある。今日では両者の交雑種も多く栽培されている。
 常緑性の多年草で、卵形の偽球茎に線形の葉を10枚ほどつけ、茎部から花茎を伸ばし、1~30花をつける。交雑品種は多く、大形から小形まであり、色彩は紅紫、桃、緑、黄、白色など豊富である。小形から中形までの品種は耐寒性が強く、5~6℃で越冬する。大形品種は10℃は必要である。
 繁殖は株分けにより、一般に春に行い、2~3球ずつに分け、ミズゴケやオスマンダの場合は素焼鉢に、砂利やバークの場合は堅鉢に植える。鉢は新しい偽球茎が1~2年伸びられるほどの大きさのものを用い、鉢の高さの3分の1程度まで鉢片など粗い材料を入れ、根を広げ、よく排水するように植える。植え付け後10日くらいは日陰で、暖かい場所に置き、葉水を与える。夜温が10℃を保つようになったら戸外の通風のよい場所に出し、夏季は50%の日よけをする。秋には屋内へ入れる。肥料は油かすと骨粉を等量混ぜ、茶さじ1~2杯を月1回、秋まで置肥する。灌水(かんすい)は春から秋は十分にするが、冬季は乾いたら灌水する程度とする。花期は普通春から秋であるが、つぼみ付きの株を夜間は10~17℃くらいの乾きすぎない場所で管理すれば、冬から早春に花を開かせることができる。[唐澤耕司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シンビジウムの関連キーワードシュンラン(春蘭)カンラン科オンランプ銀蘭春蘭巡覧貪婪中国春蘭シュンコウカン香川春蘭

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シンビジウムの関連情報