コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンボル操作 シンボルそうさ symbol manipulation

2件 の用語解説(シンボル操作の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンボル操作
シンボルそうさ
symbol manipulation

社会学用語。それ自体は客観的であったり,また多義的に理解されているような物や言語や行動様式シンボル (象徴) として使い,特定の意味内容をこめて多くの人々のそれへの同調ないし反動形成を促し,一定の方向に行動させること。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シンボル操作
しんぼるそうさ
symbol manipulation

支配者が、自由・平等・博愛などの言語シンボル、記念碑・国旗・彫像・制服などの物的・具象的シンボル、ファシスト流の敬礼などの造形的シンボル、行進などの行動シンボル、楽句などの音楽シンボルなどを用いて、支配者に有利な秩序を形成・維持し、さらにこの秩序に被支配者を自発的に参加させたり服従させたりする試みをいう。シンボル操作の典型的な技術の一つが、人々の態度・行為・価値観をあらかじめ意図された方向へ誘導するための組織的コミュニケーション活動といわれる政治宣伝である。マス・メディアの驚異的な発達と宣伝技術の高度化により、現代社会ではシンボル操作の余地は拡大した。[谷藤悦史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シンボル操作の関連キーワード色原体物自体アセスメント客観的客観性客観的観念論客観的妥当性刑事犯主観的其れ自体

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone