コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェローム Gérome, Jean Léon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェローム
Gérome, Jean Léon

[生]1824.5.11. ブスール
[没]1904.1.10. パリ
フランスの画家,彫刻家。 19世紀フランスのアカデミックな作家。 P.ドラローシュの弟子で,アングル風なデッサンが特徴。 1863年エコール・デ・ボザールの教師となる。代表作は絵画『闘鶏』 (1847) ,彫刻『ベローヌ』など。

ジェローム
Jerome, Jerome Klapka

[生]1859.5.2. スタフォードシャー,ウォルソール
[没]1927.6.14. ノーサンプトン
イギリスのユーモア作家。とげのない穏やかな作風によって人気を博した。『ボートの三人男』 Three Men in a Boat (1889) ,『無精者のむだ話』 Idle Thoughts of an Idle Fellow (89) など。喜劇の作もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジェローム【Jean‐Léon Gérôme】

1824‐1904
フランスのアカデミスムの代表的画家。フランス東部,オート・ソーヌ県ブズールVesoulに生まれる。17歳でドラローシュのアトリエに入り,師に才能を評価される。1847年のサロン(官展)の《闘鶏》で名声を確立し,古代に主題をとる新古典主義の正統の後継者として,のちにエコール・デ・ボザール(国立美術学校)教授,アカデミー会員,サロン審査員などの要職についたため,写実主義や印象派と真っ向から対立した。長い中近東生活で身につけた鮮やかな色彩と,冷たく理想化された仕上げとで人気は高かったが,ときに旧弊に陥った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のジェロームの言及

【ヒエロニムス】より

…聖書学者,聖人。英名ジェロームJerome。《ウルガタ》版ラテン語聖書の翻訳者。…

※「ジェローム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジェロームの関連キーワードジェローム・ロビンズ・ブロードウェイダンシズ・アット・ア・ギャザリング戦争が終り、世界の終りが始まったニューヨーク・シティー・バレエ団ジャン・フランソワ ラファエリオール・ザ・シング・ユー・アーアルフレッド・フィリップ ロル闘鶏をする若いギリシャ人ウェスト・サイド物語ウエスト・サイド物語ウェストファリア王国バルジョーでいこう!イブニングス・ワルツソル シュリンガーファンシー・フリーオディロン ルドンレイ ウェッツェルソング・イズ・ユーゴルトベルク変奏曲アル ドリアース

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジェロームの関連情報