コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェームズ=ランゲ説 ジェームズ=ランゲせつJames-Lange theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェームズ=ランゲ説
ジェームズ=ランゲせつ
James-Lange theory

情動の体験と表出に関する古典的学説で W.ジェームズと C.G.ランゲがほぼ同時期に別個に提唱した。末梢説ともいう。情的事象の知覚によってまず末梢の諸効果器に活動すなわち表出が生じ,次いでそれらに発する諸感覚が脳へ送り返されて情動体験を生じるとする。したがって,悲しいから泣くのではなく,泣くから悲しいということになる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ジェームズ=ランゲ説【ジェームズランゲせつ】

情動に関して独立に提唱された二つの理論の総称で,英語ではJames-Lange theory。1884年W.ジェームズが知覚に続いて起こる身体的変化の体験と規定し,1885年C.G.ランゲが脈管における変化の体験と規定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジェームズランゲせつ【ジェームズ=ランゲ説 James‐Lange theory】

情動に関する二つの理論の総称。一般に一つの理論と誤解されている。アメリカの心理学者W.ジェームズは,情動とは原因的場面の知覚にすぐ続いて起こる内臓と筋肉の変化を体験することであると主張した(1884)。これとまったく独立にデンマークの生理学者ランゲC.G.Langeは脈管における変化を体験するのが情動であるとした(1885)。つまり内臓,筋肉そして脈管における変化は情動の結果というよりはむしろ原因であるとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のジェームズ=ランゲ説の言及

【感情】より

…いずれもわれわれにとってきわめて身近なものでありながら,この感情の学問的解明は遅れており,相互に対立し合うさまざまな説明が与えられている。たとえば情動は,古い時代には意識の側から説明されていたが,これに対してW.ジェームズは〈悲しいから泣くのではなく,むしろ泣くから悲しいのだ〉と,これを神経興奮に続いて起こる身体的変化の側から説明し(ジェームズ=ランゲ説),心理学に変革をひき起こした。ところが一方,そのように情動は生理的混乱の意識への反映であり無意味な意識現象だとする見方に対して,怒りやヒステリーの発作でさえ,順序だった行動によって対処しえぬ状況を避けようとするそれなりに意味のある行動(P.ジャネ),象徴的行動(S.フロイト),その状況を虚構的に変容しようとする魔術的行動(J.P.サルトル),つまりは意識の全体的な態度だと見る見方が提出されている。…

※「ジェームズ=ランゲ説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジェームズ=ランゲ説の関連キーワードキャノン=バード説

ジェームズ=ランゲ説の関連情報