コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悲しい/哀しい/愛しい カナシイ

1件 の用語解説(悲しい/哀しい/愛しいの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かなし・い【悲しい/哀しい/愛しい】

[形][文]かな・し[シク]
心が痛んで泣けてくるような気持ちである。嘆いても嘆ききれぬ気持ちだ。「友が死んで―・い」⇔うれしい
人に1のような気持ちを起こさせる物事のさま。「―・い知らせ」「―・いメロディー」
(愛しい)
㋐心に染みていとしい。かわいくてならない。
「柵(くへ)ごしに麦食(は)む小馬のはつはつに相見し児(こ)らしあやに―・しも」〈・三五三七〉
㋑心に染みておもしろい。強く心を引かれる。
「あしひきの八つ峰(を)の雉(きぎし)鳴きとよむ朝明(あさけ)の霞(かすみ)見れば―・しも」〈・四一四九〉
㋒すばらしい。みごとである。
「―・しくせられたりとて、見あさみけるとなん」〈著聞集・一七〉

㋐しゃくにさわるさま。悔しい。
「物も覚えぬ腐り女に、―・しう言はれたる」〈宇治拾遺・七〉
㋑我慢できないほど恐ろしい。つらい。
「先立つだにも―・しきぞかし」〈平家・三〉
㋒ひどく貧しい。
「釜の下へたく物さへあらず。さても―・しき年の暮れや」〈浮・胸算用・三〉
[派生]かなしがる[動ラ五]かなしげ[形動]かなしさ[名]かなしみ[名]
[補説]古くは、いとしい、かわいい、すばらしい、嘆かわしい心が痛むなど、物事に感じて切に心の動くさまに広く使われたが、近代では、主に心の痛む意に用いられるようになった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

悲しい/哀しい/愛しいの関連キーワード苛苛しい奥床しい金臭い狂おしい煙い情け深い美美しい心疚しい弛い嘆き悲しむ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone