コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジゴキシン ジゴキシンdigoxin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジゴキシン
digoxin

ゴマノハグサ科のケジギタリスから得られる二次配糖体。強心剤の一つ。無色の結晶で,消化吸収は 60~85%,作用発現は 15~30分,強心作用はジギトキシンより速く,ストロファンチンより遅い。生物学的半減期は 36時間,作用持続は中間型を示す。排泄は腎臓の糸球体ろ過により,尿細管再吸収は少い。一般のジギタリス製剤と同様,飽和と維持で心不全の治療をする。成人の総飽和量は経口投与で2~3mg,静脈注射で 0.75~1.5mg,維持量は経口投与,静脈注射とも1日あたり 0.25~0.5mgを目安とする。ジゴキシンの体内蓄積性を下げ,消化管吸収をよくしたβ-メチルジゴキシンが開発されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ジゴキシン

 ジギタリスの一種.強心配糖体

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のジゴキシンの言及

【心臓薬】より

…いずれもステロイド骨格を有する配糖体で強心ステロイドとも呼ばれる。ジギトキシン,ジゴキシン,ストロファンチンなどである。またこれらの糖がとれた形のゲニンも強心作用を示す。…

※「ジゴキシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジゴキシンの関連キーワードゴマノハグサ科ラナトシドCエリキシル剤小児紫斑病毒薬

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android