コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャコビアン様式 ジャコビアンようしきJacobean style

4件 の用語解説(ジャコビアン様式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャコビアン様式
ジャコビアンようしき
Jacobean style

イギリスのジェームズ1世時代(在位 1603~25)の美術作品,または少しのちの建築,装飾品,家具などをさす美術史用語(→エリザベス様式)。そのほか,主としてフランドルの銅版画に由来する豊富な装飾を伴った作品もいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャコビアンようしき【ジャコビアン様式 Jacobean style】

イギリスのジェームズ1世の治下(1603‐25)に盛行した建築・工芸の様式。同王はP.P.ルーベンスベルニーニファン・デイクの名品収集やマントバのゴンツァーガ家の有名なコレクションの購入など,芸術を擁護したが,このとき夥しく導入されたイタリアルネサンス絵画,特にベネチア派の名画はイギリス美術の展開に大きく影響した。当時最大の建築家イニゴ・ジョーンズも2度のイタリア遊学によって古典古代の建築法とパラディオの建築作品に親しみ,明快典雅な作風を獲得し,帰国後王室建築総監督に就任してイギリス・ルネサンスの始祖となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ジャコビアンようしき【ジャコビアン様式】

イギリスのジェームズ1世時代(1603~25年)の建築・工芸様式。垂直線を強調した中世ゴシック様式と、古典古代の規則的な構成の装飾表現が混在しており、家具ではねじり棒型や丸型の脚が特徴とされる。建築ではロンドン郊外のクイーンズハウスが代表例。

出典|講談社
家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャコビアン様式
じゃこびあんようしき
Jacobean style

イギリスのジェームズ1世の治世(1603~25)に行われた建築・工芸の様式。先行するエリザベス様式との連続性は強く、垂直式ゴシックモチーフと、いささか濫用ぎみの古典古代の装飾との混在に特徴がある。当時建造された多くの貴族の邸宅は、共通して1階にホールと食堂、2階にロングギャラリーを有しており、規模こそ大きくなったものの、エリザベス朝ほどの華美さはなく、じみで落ち着いたたたずまいを示すものとなっている。また石材にかわってれんがが盛んに用いられ、窓も小さな矩形(くけい)のものに変わっている。ウィルトシャーのチャールトン・ハウス(1607)やハートフォードシャーのハットフィールド・ハウス(1607~12)、ウォーリックシャーのアシュトン・ホール(1618~35)などがその代表的な作例である。この様式の家具は、おおむねオーク材が用いられており、メロン形の脚部をもった装飾過多の重厚なデザインのものが多い。[谷田博行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャコビアン様式の関連情報