コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャンプ競技 ジャンプキョウギ

4件 の用語解説(ジャンプ競技の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ジャンプ‐きょうぎ〔‐キヤウギ〕【ジャンプ競技】

陸上競技の、走り高跳び棒高跳び走り幅跳び三段跳びの総称。
スキーの、ノルディック種目の一。競技場の長さによって五段階に分かれ、飛行距離とフォームとを競う。複合競技と区別するため、純ジャンプともいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ジャンプ競技【ジャンプきょうぎ】

スキー競技のノルディック競技種目の一つ。シャンツェの助走斜面を滑降して勢いをつけ,踏切台から空中に飛び出して下方の着陸斜面に着地滑降,その飛距離と飛型を競う。競技は2回行い,飛型点と飛距離点の合計得点を競う。
→関連項目複合競技

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ジャンプきょうぎ【ジャンプ競技】

スキー競技の一。人工のジャンプ台を使って飛型と飛距離を競う。
陸上競技で、走り幅跳び・三段跳び・走り高跳び・棒高跳びの総称。跳躍競技。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のジャンプ競技の言及

【スキー】より

…68年には仲間らとクリスティアニアでその技術を披露し,片足を前に出して両膝を曲げた大半径のターンはテレマークの名で普及,1930年代まで使われた。最初のレースは1866年,ジャンプ競技会は77年に開催されている。これは,のちに有名なホルメンコーレン大会(ノルウェー選手権大会)として受け継がれていく。…

※「ジャンプ競技」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャンプ競技の関連情報