コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュズダマ

百科事典マイペディアの解説

ジュズダマ

熱帯アジア原産のイネ科の大型多年草。日本各地の路傍小川のふちにはえ温帯では一年草は太く柔らかく,高さ80〜100cmになり,葉は広線形で柔らかい。花序は茎の上部葉腋につき,小穂には雌雄の別がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジュズダマ【Job’s tear】

東南アジア原産の大型のイネ科の草本(イラスト)。その光沢のある実で数珠を作るから数珠玉の名がある。熱帯では数年生きるが,温帯では一年草。太く中実の茎は株立ちとなり,高さは1mに達し,約10節あり,枝分れする。葉は幅広い線形で,トウモロコシの葉に似て小型で,長さ20~60cm,幅は3cm前後で,濃い緑色をしている。夏から秋にかけて,茎の上部の葉腋(ようえき)に枝分れした長短不同の花序を束生する。普通,実といっている硬い壺状の器官はで,その中に雌性の小穂3個があり,白い柱頭だけを壺形の苞の外に抽出する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュズダマ
じゅずだま / 数珠玉
[学]Coix lacryma-jobi L.

イネ科の多年草。稈(かん)は株立ちし、高さ約1メートル。葉は幅5センチメートル、長さ50センチメートル。雌雄同株。7~10月、稈の上方の短い分枝から総状花序をつける。包鞘(ほうしょう)は卵球形で長さ約1センチメートル、灰白色で光沢がある。雌小穂はこの堅い包鞘に包まれ、外からは見えない。雄花序は総状で包鞘の先端から出る。両小穂ともに2個の小花がある。インドシナ半島、インドネシア原産で、栽培され、野生化している所もある。包鞘は穎果(えいか)を内蔵するほか、中央に雄花序を通す芯(しん)があり、紐(ひも)を通して連ねるのに便利であるため、数珠(じゅず)や首飾りに利用する。包鞘が濃褐色で、爪(つめ)で割れる堅さのものが変種のハトムギで、穎果は健康食品や漢方薬とする。[許 建 昌]

文化史

有史以前から利用され、柳田国男(やなぎたくにお)は『人とズズダマ』(1952)で、その語源と由来を論じた。柳田は、ジュズダマの名は仏教の数珠に基づくのではなく、珠(たま)や粒と関連する古語のツスやツシタマから、現代も方言に残るズズダマを経て、ジュズダマになったと推察した。『延喜式(えんぎしき)』(927)には薬物として載る。中国雲南省の南部からインド北部にかけてが変異の中心とみられる。アフリカではヒョウタンの外側に、多数紐(ひも)で通して、ぶら下げ、音をたてる楽器がある。英名はヨブの涙Job's-tearsという。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジュズダマの関連キーワードウスイロコノマチョウハトムギ(鳩麦)キマダラセセリコノマチョウ数珠子玉ハトムギ木の間蝶数珠子クルミ薏苡仁唐麦薏苡鳩麦

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android