ジュリアスシーザー(英語表記)Julius Caesar

翻訳|Julius Caesar

大辞林 第三版の解説

ジュリアスシーザー【Julius Caesar】

シェークスピアの戯曲。1599年頃成立。ブルートゥス・カシアスのシーザー(カエサル)暗殺からアントニウスが二人を破るまでを描く。劇的構成と性格描写にすぐれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ジュリアス‐シーザー

[一] ⇒カエサル
[二] (原題Julius Caesar) 戯曲。シェークスピア作。一五九九~一六〇〇年成立。プルタルコスの「英雄伝」に取材。シーザー(カエサル)の死から、マケドニアフィリッピの戦いで落命するキャシアス(カッシウス)とブルータス(ブルートゥス)らを、すぐれた性格描写で表現した悲劇。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジュリアスシーザーの関連情報