コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョゼフィーヌ ジョゼフィーヌ Joséphine

翻訳|Joséphine

5件 の用語解説(ジョゼフィーヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョゼフィーヌ
ジョゼフィーヌ
Joséphine

[生]1763.6.23. マルティニーク,トロアジレ
[没]1814.5.29. マルメゾン
フランス皇帝ナポレオン1世の妃。本名 Marie-Josèphe-Rose Tascher de la Pagerie。 1779年ボーアルネ子爵と結婚,子供2人 (のちのウージェヌ親王とオルタンス王妃) をもうけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ジョゼフィーヌ(Marie Joséphe Rose Tascher de la Pagerie, Joséphine de Beauharnais)

[1763~1814]ナポレオン1世の最初の妻。西インド諸島マルチニーク島生まれ。パリでボーアルネ子爵と結婚。フランス革命で夫の刑死後、1796年にナポレオンと再婚。皇后となったが、1809年、離婚。ジョゼフィン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジョゼフィーヌ

ナポレオン1世の最初の妻。フランス領西インド生れ。先夫ボーアルネ子爵はフランス革命中に処刑された。1796年ナポレオンと結婚,1804年皇后となる。1809年離婚し,ナポレオンはオーストリア皇女マリー・ルイズと結婚した。
→関連項目ボナパルト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ジョゼフィーヌ【Joséphine】

1763‐1814
ナポレオン1世の最初の妻。本名Marie‐Josèphe Rose Tascher de La Pagerie。フランス領西インド諸島のマルティニク島に生まれ,パリに出て16歳でボーアルネ子爵と結婚し2子をあげたが,革命中に夫は処刑され,みずからもしばらく投獄された。〈テルミドール9日〉の後に出獄して社交界に入り,1796年,6歳年下のナポレオン・ボナパルトと再婚し,1804年彼が帝位に就くとともに皇后になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョゼフィーヌ
じょぜふぃーぬ
Marie-Josph Tascher de La Pagerie, Josphine de Beauharnais
(1763―1814)

ナポレオン1世の最初の皇后。西インド諸島マルティニーク島生まれる。16歳のときフランスにきてボーアルネ子爵と結婚、2児をもったが、1794年夫が処刑され、彼女も投獄された。同年のいわゆる「テルミドールの反動」で釈放。総裁政府期には美貌(びぼう)と魅力で社交界の花形となり、96年ナポレオンと再婚。熱愛されながらも夫のエジプト遠征中に不貞のため一時危機にたったこともあるが、1804年ナポレオンの皇帝即位とともに皇后となる。しかし帝位の後継者を産めなかったため、09年には離婚されてマルメゾン館で余生を送り、ナポレオンのエルバ島からの帰還を待たずに死亡。[樋口謹一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のジョゼフィーヌの言及

【フォール・ド・フランス】より

…フォール・ロアイヤルと呼ばれていたが,フランス革命後に現在名となった。1638年にフランス人総督が建設したサン・ルイ城塞を中心に,屋根の低い木造の家屋が建ち並んで,港を半円状にとり囲んでおり,サバーヌ公園にはナポレオンの皇后ジョゼフィーヌ(当地の出身)を記念する大理石像がある。フォール・ド・フランス港は国際定期船が寄港する良港。…

※「ジョゼフィーヌ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジョゼフィーヌの関連キーワードナポレオン岩奈翁ルイナポレオンナポレオンフィッシュナポレオン狂島のナポレオンナポレオンの密書ナポレオン[3世]ルイ・ナポレオンナポレオン金貨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジョゼフィーヌの関連情報