コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョゼフィーヌ ジョゼフィーヌJoséphine

翻訳|Joséphine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョゼフィーヌ
Joséphine

[生]1763.6.23. マルティニーク,トロアジレ
[没]1814.5.29. マルメゾン
フランス皇帝ナポレオン1世の妃。本名 Marie-Josèphe-Rose Tascher de la Pagerie。 1779年ボーアルネ子爵と結婚,子供2人 (のちのウージェヌ親王とオルタンス王妃) をもうけた。夫はフランス革命で刑死し,みずからも投獄されたがテルミドール九日後釈放され,パリのサロンでその美貌をたたえられた。バラの紹介でナポレオンを知り,1796年3月結婚。その直後ナポレオンはイタリア総司令官として出陣し,彼女も同行した。 1804年夫の皇帝就任とともに皇后となる。ナポレオンの激しい情愛を受けたが,跡継ぎに恵まれず 1809年離婚。莫大な財産を受けてマルメゾンに隠居したが,ナポレオンとの文通は続けられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ジョゼフィーヌ

ナポレオン1世の最初の妻。フランス領西インド生れ。先夫ボーアルネ子爵はフランス革命中に処刑された。1796年ナポレオンと結婚,1804年皇后となる。1809年離婚し,ナポレオンはオーストリア皇女マリー・ルイズと結婚した。
→関連項目ボナパルト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジョゼフィーヌ【Joséphine】

1763‐1814
ナポレオン1世の最初の妻。本名Marie‐Josèphe Rose Tascher de La Pagerie。フランス領西インド諸島のマルティニク島に生まれ,パリに出て16歳でボーアルネ子爵と結婚し2子をあげたが,革命中に夫は処刑され,みずからもしばらく投獄された。〈テルミドール9日〉の後に出獄して社交界に入り,1796年,6歳年下のナポレオン・ボナパルトと再婚し,1804年彼が帝位に就くとともに皇后になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョゼフィーヌ
じょぜふぃーぬ
Marie-Josph Tascher de La Pagerie, Josphine de Beauharnais
(1763―1814)

ナポレオン1世の最初の皇后。西インド諸島マルティニーク島生まれる。16歳のときフランスにきてボーアルネ子爵と結婚、2児をもったが、1794年夫が処刑され、彼女も投獄された。同年のいわゆる「テルミドールの反動」で釈放。総裁政府期には美貌(びぼう)と魅力で社交界の花形となり、96年ナポレオンと再婚。熱愛されながらも夫のエジプト遠征中に不貞のため一時危機にたったこともあるが、1804年ナポレオンの皇帝即位とともに皇后となる。しかし帝位の後継者を産めなかったため、09年には離婚されてマルメゾン館で余生を送り、ナポレオンのエルバ島からの帰還を待たずに死亡。[樋口謹一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のジョゼフィーヌの言及

【フォール・ド・フランス】より

…フォール・ロアイヤルと呼ばれていたが,フランス革命後に現在名となった。1638年にフランス人総督が建設したサン・ルイ城塞を中心に,屋根の低い木造の家屋が建ち並んで,港を半円状にとり囲んでおり,サバーヌ公園にはナポレオンの皇后ジョゼフィーヌ(当地の出身)を記念する大理石像がある。フォール・ド・フランス港は国際定期船が寄港する良港。…

※「ジョゼフィーヌ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジョゼフィーヌの関連キーワード平賀源内ビュート伯ニューフランスラルサ石上私淑言滑稽本高遊外売茶翁秋山玉山石上私淑言烏魯木斉

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジョゼフィーヌの関連情報