コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョミニ Jomini, Antoine Henri, Baron de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョミニ
Jomini, Antoine Henri, Baron de

[生]1779.3.6. ボー,ペイエルヌ
[没]1869.3.24. パリ
スイス出身の軍人,軍事研究家,歴史家。初めパリで銀行に勤めたが,軍務につくことを望み,1800年スイス人傭兵大隊の少佐に就任。 1801年軍務を辞し,パリへ戻り,そこでフリードリヒ2世 (大王) の作戦を研究,『大戦術論』 Traité de grande tactique (のち『大作戦論』と改題) を著述した。その著述をフランス軍司令官であったミシェル・ネー将軍に認められ,1804年フランス軍に勤務。 1805年にはナポレオン1世に認められ参謀大佐に任命され,ネーの幕僚となった。その後,ナポレオン軍の参謀総長ルイ・アレクサンドル・ベルティエと対立,フランスの軍務から退くことを決意し,1813年フランス軍陣地を脱出して,ロシア軍に投降。ロシアでは中将に任じられ,アレクサンドル1世の幕僚に就任。 1826年大将に昇進,ニコライ1世の軍事顧問となり,1828年トルコ戦を指揮,1830年にはロシア軍事アカデミーを組織した。また皇太子アレクサンドル (2世) を教育し,クリミア戦争 (1853~56) に際しても,ニコライを助けた。晩年はもっぱらパリで過ごし,ナポレオン3世のイタリア遠征に際してはその顧問となった。戦術家としても早くから注目された。主著『戦略原論』 Principes de la stratégie (3巻,1818) ,『革命戦争史』 Histoire critique et militaire des guerres de la Révolution (15巻,1820~24) ,『ナポレオン伝』 Vie politique et militaire de Napoléon (4巻,1827) ,『用兵術詳解』 Précis de l'art de la guerre (1838) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジョミニ【Antoine Henri Jomini】

1779‐1869
兵術理論の大家。スイス系フランス人で,ロシア陸軍大将。若くしてフランス軍のスイス連隊に入り,1798年スイス軍に転勤し民兵部隊の編成に貢献した。1804年ふたたびフランス軍に転入し,ネー将軍の幕僚としてナポレオン戦争に参加した。06年男爵の位を受けた。ナポレオンのロシア遠征に従軍したあとロシア軍に転じ,アレクサンドル1世の幕僚として優遇され,第4次露土戦争に参戦し,また皇太子(のちのアレクサンドル2世)の軍事教育を担当した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョミニ
じょみに
Antoine Henri Jomini
(1779―1869)

フランス語圏スイス生まれの軍人、軍事思想家。ナポレオン軍に従軍したのち、1813年から晩年までをロシア軍に仕えた。彼はクラウゼウィッツとともに19世紀兵学を代表する思想家で、戦勝のための不変の原理の探究に努め、また内戦作戦を重視した。彼の兵学思想にはフリードリヒ2世の影響が濃いが、ナポレオン作戦の解説者として各国の軍人によって賞賛された。アメリカの海軍戦略家マハンら、ジョミニの思想から出発した軍事思想家は多い。著作は『大作戦論』全8巻(1804~1816)をはじめ数多いが、『戦争術概観』(1838)がもっともよく知られている。[山崎 馨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジョミニの関連キーワード3月6日

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android