コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジロボウエンゴサク

百科事典マイペディアの解説

ジロボウエンゴサク

エンゴサク

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジロボウエンゴサク【Corydalis decumbens Pers.】

丘陵の雑木林林縁などに生育するケシ科の繊細な多年草(イラスト)。関東地方~九州,台湾,中国に分布する。地下に径1cmほどの不定形塊茎があり,4~5月ごろ,数本の花茎根出葉を伸ばすと同時に開花する。葉は細かく羽状に裂け,多形的。花茎は高さ10cm内外で,下部が匍匐(ほふく)するのが特徴である。総状花序に,長さ2cmほどの紅紫色のかれんな花が数個つく。前方が唇形に開き,後方に距のある左右相称花である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジロボウエンゴサク
じろぼうえんごさく / 次郎坊延胡索
[学]Corydalis decumbens (Thunb.) Pers.

ケシ科の多年草。全体が柔らかい。地下に径約1センチメートルの塊茎があり、そこから花茎と根出葉が出る。葉は2回3出羽状複葉で、小葉は倒卵形ないし倒披針(とうひしん)形。茎葉は2枚で根出葉に比べて小形である。4~5月、数個の紅紫色花を小形の総状花序につける。花弁には距(きょ)がある。果実は(さくか)で線形、いくらかくびれて数珠(じゅず)状になる。種子は黒色。山麓(さんろく)、林の道端などに生え、関東地方以西の本州から九州、および中国に分布する。伊勢(いせ)地方ではスミレのことを太郎坊、本種を次郎坊とよんで花どうしを絡み合わせ、ひっかけて勝負する遊びがあり、それが名の由来といわれる。[寺林 進]

薬用

漢方では塊茎を延胡索(えんごさく)といい、アルカロイドを含有し、鎮痛、浄血剤として胃痛、腹痛、頭痛、月経痛、打ち身、腫(は)れ物などの治療に用いる。中国ではチョウセンエンゴサクC. turtshaninovii Besserとその栽培変種、およびコリダリス・レペンスC. repens Mandl. et Muchld.、ヤマエンゴサクC. ambigua Cham. et Schltd.をおもに用いる。[長沢元夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジロボウエンゴサクの関連キーワードヤマエンゴサク延胡索丘陵

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android