ジンジャーエール(英語表記)ginger ale

翻訳|ginger ale

大辞林 第三版の解説

ジンジャーエール【ginger ale】

炭酸を含む清涼飲料水。ジンジャー・レモンなど種々の香料を入れ、カラメルで着色したもの。アルコール分は含まない。ジンジャ-エール。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

ジンジャーエール【ginger ale】


しょうがの風味をつけ、カラメルで着色した、炭酸入りの清涼飲料水。◇「エール」はビールの一種であるが、見た目が似ることによる名称で、アルコール分は含まない。◇カナダ南東部のトロント薬剤師、J・J・マクローリンが考案して薬局で売っていたフルーツジュースに風味を付加した飲み物をもとに開発、1904年に販売を開始したとされる。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジンジャーエール
じんじゃーえーる
ginger ale

炭酸入り清涼飲料(炭酸飲料ともいう)の一種で、ジンジャー(ショウガ)の風味が特徴である。エールはビールの一種につけられる名前であるが、ジンジャーエールにはアルコール分は含まれていない。ジンジャーエキスを主成分に、甘味料や酸味料、香辛料、香料で味をととのえ、カラメルで淡黄色に色付けする。日本では明治初年に横浜で製造され、おもに在日外国人のためのものであった。冷たくして清涼飲料とするほかに、ウイスキーの割り水や、カクテルにも用いられる。よく似たものにジンジャービアがあるが、これはジンジャーの風味をつけた発酵飲料で、一般にアルコール分はないが、ビールのような泡立ちがある。[河野友美・山口米子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ジンジャー‐エール

〘名〙 (ginger ale) ショウガの香りのあるアルコール分のない清涼飲料水。ジンジンビア。ジンジャービア。ジンジャー。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「一切アルコオル分の物を口にせぬので、付合ひにヂンヂャエルを一本持って来さする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジンジャーエールの関連情報