コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジンチョウゲ(沈丁花) ジンチョウゲDaphne odora; winter daphne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジンチョウゲ(沈丁花)
ジンチョウゲ
Daphne odora; winter daphne

ジンチョウゲ科の常緑低木。中国原産であるが日本で庭木として普通に栽植される。茎は直立分枝し,樹皮には褐色の強い繊維がある。葉は倒披針形,全縁で密に互生する。園芸品ではときおり,葉縁部が白い縁どりになっているものがある。花は枝先に頭状に集まってつき,春先に開花する。がくは筒状で先端が4裂し,白色または紅紫色である。開花時に強い芳香を出す。雌雄異株で,日本のものはほとんどが雄木なので結実することは少なく,もっぱら挿し木で繁殖する。和名は花の香りを,香料として有名なジンコウ (沈香) およびチョウジ (丁子) の香りにたとえたものである。なお,日本に自生する同属の近縁種としてオニシバリ D. pseudo-mezereumやコショウノキ D. kiusianaがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ジンチョウゲ(沈丁花)【ジンチョウゲ】

中国原産の庭木にされる常緑低木。1〜1.5mの高さになり,枝を多く分け,株は球状になる。葉は倒披針形で,革質早春,枝先に10〜20花が頭状につき,強い芳香を放つ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジンチョウゲ【ジンチョウゲ(沈丁花) Daphne】

ジンチョウゲ科の常緑低木で,高さ1.5mくらいになるが,普通は1mくらいで半球状の株になり,早春に枝先に10~20花を頭状に咲かせる(イラスト)。芳香が強く,花弁はなく,花にみえるのは萼で,外面は紫紅色,内面が白色,肉質で頂部は4弁にわかれ平開する。雌雄異株とされているが,花は区別ができない。しかし,雄性で結実しない株が多い。紅色の液果は6月に成熟し,球形実成りジンチョウゲと呼ばれている。 原産地は中国で,宋の時代より人家で栽培されていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のジンチョウゲ(沈丁花)の言及

【オニシバリ(鬼縛り)】より

…早春暖地の林内の適湿地で,淡黄緑色の花を咲かせるジンチョウゲ科の小低木(イラスト)。盛夏の約1ヵ月間だけ葉を落とすので,ナツボウズ(夏坊主)ともいう。高さ1m内外で株立ちとなる。葉は枝先に集まって互生し,長倒披針形で基部は次第に細まり,長さ5~10cm,質がうすい。8月末から9月に枝端から新しい葉とともに,帯紫黄緑色の花のつぼみが数個ずつ束生して姿を現す。翌春に開いた花は,長さ6~8mmの萼筒の先端が4裂し,筒部内側に8本のおしべが2列につき,めしべの基部を浅い杯状の花盤が囲む。…

【オニシバリ(鬼縛り)】より

…早春暖地の林内の適湿地で,淡黄緑色の花を咲かせるジンチョウゲ科の小低木(イラスト)。盛夏の約1ヵ月間だけ葉を落とすので,ナツボウズ(夏坊主)ともいう。…

※「ジンチョウゲ(沈丁花)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジンチョウゲ(沈丁花)の関連キーワードジンチョウゲ科コショウノキ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android