コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジンチョウゲ(沈丁花) ジンチョウゲ Daphne odora; winter daphne

3件 の用語解説(ジンチョウゲ(沈丁花)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジンチョウゲ(沈丁花)
ジンチョウゲ
Daphne odora; winter daphne

ジンチョウゲ科の常緑低木。中国原産であるが日本で庭木として普通に栽植される。茎は直立分枝し,樹皮には褐色の強い繊維がある。葉は倒披針形,全縁で密に互生する。園芸品ではときおり,葉縁部が白い縁どりになっているものがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジンチョウゲ(沈丁花)【ジンチョウゲ】

中国原産の庭木にされる常緑低木。1〜1.5mの高さになり,枝を多く分け,株は球状になる。葉は倒披針形で,革質。早春,枝先に10〜20花が頭状につき,強い芳香を放つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ジンチョウゲ【ジンチョウゲ(沈丁花) Daphne】

ジンチョウゲ科の常緑低木で,高さ1.5mくらいになるが,普通は1mくらいで半球状の株になり,早春に枝先に10~20花を頭状に咲かせる(イラスト)。芳香が強く,花弁はなく,花にみえるのは萼で,外面は紫紅色,内面が白色,肉質で頂部は4弁にわかれ平開する。雌雄異株とされているが,花は区別ができない。しかし,雄性で結実しない株が多い。紅色の液果は6月に成熟し,球形で実成りジンチョウゲと呼ばれている。 原産地は中国で,宋の時代より人家で栽培されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のジンチョウゲ(沈丁花)の言及

【オニシバリ(鬼縛り)】より

…早春暖地の林内の適湿地で,淡黄緑色の花を咲かせるジンチョウゲ科の小低木(イラスト)。盛夏の約1ヵ月間だけ葉を落とすので,ナツボウズ(夏坊主)ともいう。高さ1m内外で株立ちとなる。葉は枝先に集まって互生し,長倒披針形で基部は次第に細まり,長さ5~10cm,質がうすい。8月末から9月に枝端から新しい葉とともに,帯紫黄緑色の花のつぼみが数個ずつ束生して姿を現す。翌春に開いた花は,長さ6~8mmの萼筒の先端が4裂し,筒部内側に8本のおしべが2列につき,めしべの基部を浅い杯状の花盤が囲む。…

【オニシバリ(鬼縛り)】より

…早春暖地の林内の適湿地で,淡黄緑色の花を咲かせるジンチョウゲ科の小低木(イラスト)。盛夏の約1ヵ月間だけ葉を落とすので,ナツボウズ(夏坊主)ともいう。…

※「ジンチョウゲ(沈丁花)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジンチョウゲ(沈丁花)の関連キーワードハクチョウゲ(白丁花)唐橘雁皮黄雁皮沈丁花白丁花胡椒の木浜沈丁ホホバオイルコダチトマト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone