コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカリゲル スカリゲルScaliger, Joseph Justus

3件 の用語解説(スカリゲルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカリゲル
スカリゲル
Scaliger, Joseph Justus

[生]1540.8.5. アジャン
[没]1609.1.21. ライデン
フランスの古典学者。近代的な本文批評の基礎の確立,古典の校訂,注釈にすぐれた業績をあげたことで知られる。イタリアフランス人文学者 J.C.スカリゲルの子。ボルドーで教育を受け,1559年パリに出てギリシア語ラテン語,その他の言語を研究。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スカリゲル
スカリゲル
Scaliger, Julius Caesar

[生]1484.4.23. ガルダ湖畔リバ
[没]1558.10.21. アーヘン
主としてフランスで活躍したイタリア出身の人文学者,自然科学者。初期の経歴は不詳だが,1525年からアーヘンで活躍。その百科全書的知識,特に自然科学,哲学,古典についての知識を批判的洞察力と結びつけて,さまざまな著作を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スカリゲル【Scaliger】

フランスの古典学者親子のラテン名。フランス名はスカリジェールベローナの君主デラ・スカラの家系に連なると信じてこう名のっていた。父ユリウスカエサルJulius Caesar Scaliger(1484‐1558)はイタリア生れで,前半生は傭兵としてイタリア各地をわたり歩き,1526年南フランスのアジャンに定住して医師となった。そのかたわら,31年エラスムスを非難しキケロの全面的模倣を主唱するラテン語文体論の小冊子を発表して文名をあげ,《詩論》(1561)では,ギリシア・ラテン語の全韻文作品を対象として,一貫した原則に基づいた文学史と文学論を確立しようと試みた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

スカリゲルの関連キーワード韓国の自転車普及状況万松寺足利義栄イエズス会ビュデ守武千句荒木田守武イエズス会犬筑波集クルーエ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone