コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカリゲル Scaliger, Joseph Justus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカリゲル
Scaliger, Joseph Justus

[生]1540.8.5. アジャン
[没]1609.1.21. ライデン
フランスの古典学者。近代的な本文批評の基礎の確立,古典の校訂,注釈にすぐれた業績をあげたことで知られる。イタリアのフランス人文学者 J.C.スカリゲルの子。ボルドーで教育を受け,1559年パリに出てギリシア語,ラテン語,その他の言語を研究。 62年プロテスタント教徒に改宗。その後フランス,ドイツ,イタリアの各大学で古典を研究。 72年8月のサン=バルテルミの虐殺事件後,ジュネーブに行き,そこで哲学を教えた。 74年フランスに帰国。 93年ライデン大学教授となり,当時の最もすぐれた学者の一人に数えられた。主著『暦の訂正について』 Opus de emendatione tempore (1853) 。

スカリゲル
Scaliger, Julius Caesar

[生]1484.4.23. ガルダ湖畔リバ
[没]1558.10.21. アーヘン
主としてフランスで活躍したイタリア出身の人文学者,自然科学者。初期の経歴は不詳だが,1525年からアーヘンで活躍。その百科全書的知識,特に自然科学,哲学,古典についての知識を批判的洞察力と結びつけて,さまざまな著作を著わした。ヒポクラテスアリストテレステオフラストスなどの著作への注釈も有名であるが,文芸分野ではポンポナッツィの影響を受け,『創作論』 Poetice (1561) を著わす。これは文芸批評の書として影響を与えた。古典学者 J.J.スカリゲルの父。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スカリゲル【Scaliger】

フランスの古典学者親子のラテン名。フランス名はスカリジェールベローナの君主デラ・スカラの家系に連なると信じてこう名のっていた。父ユリウス・カエサルJulius Caesar Scaliger(1484‐1558)はイタリア生れで,前半生は傭兵としてイタリア各地をわたり歩き,1526年南フランスのアジャンに定住して医師となった。そのかたわら,31年エラスムスを非難しキケロの全面的模倣を主唱するラテン語文体論の小冊子を発表して文名をあげ,《詩論》(1561)では,ギリシア・ラテン語の全韻文作品を対象として,一貫した原則に基づいた文学史と文学論を確立しようと試みた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スカリゲルの関連キーワードユリウス通日ユリウス日西洋古典学

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android