コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スゲ(菅) スゲCarex; sedge

2件 の用語解説(スゲ(菅)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スゲ(菅)
スゲ
Carex; sedge

カヤツリグサ科の多年草で,スゲ属の総称。種類はきわめて多く,温帯から寒帯まで広く分布し,特に北半球の冷温帯から寒帯や高地にかけて 2000種もある。山地,草原,路傍などいたるところに生え,日本では約 200種が知られている。多くは根茎が発達し,地上茎 (稈) は断面が三角形で,その各面に茎葉をもつので,真上から見ると葉が3列に並ぶ。花期に線状の葉間から,花茎を伸ばし穂をつける。普通上方には雄花穂,下部には雌花穂がつく。雄花はおしべ3本,雌花は壺状の果胞の中にあるめしべ1本から成り,いずれも花被を欠く。同属の1種カサスゲ C. dispalataは高さ 1mに達し,笠,みの,むしろ,草履などをつくるため栽培される。ときに,この種を単にスゲと呼ぶこともある。またカンスゲ C. morrowiiは葉の繊維が強く,背負い籠などを編むのに用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スゲ【スゲ(菅) sedge】

菅笠を編むカサスゲやたまに庭に植えるカンスゲを含むカヤツリグサ科のスゲ属植物の総称で,植物学的にスゲと呼ぶ特定の種はない。 多年草で,地中に長い地下茎を出すものもあるが,細い葉と花茎が密に叢生(そうせい)して株を作る方が多い。葉はおおむね根生し,多数あり,細い線形で,硬いものが多く,縁は細い鋸歯があってざらつく。花茎は細く,初夏のころ,葉の間にあらわれ,その中部から上部にかけて葉状の苞があり,苞の腋に小穂をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone