コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スジイルカ Stenella coeruleoalba; striped dolphin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スジイルカ
Stenella coeruleoalba; striped dolphin

クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科スジイルカ属。体長は雄で約 2.6m,雌で約 2.5mに達する。最大体重は約 156kg。出生体長は約 1m。体色は背部が黒灰色で腹部は白色である。体側は淡灰色を呈し,胸鰭上方で,背鰭に向うものと背部後方へ向うものと2方向に分岐する。眼から肛門にかけての黒灰色の線が本種の特徴。体型は流線形でやや太い。嘴 (くちばし) と前頭部の境は明瞭。上下顎骨には左右 40~55対の小さい円錐形の歯がある。前頭部から噴気孔にかけて丸くふくらみ,噴気孔は1個。背鰭 (せびれ) は大きく,体の中央にあり先端はとがり後縁は鎌状である。雄の尾柄部は上下面のキール (稜状の隆起) が著しい。通常 100~500頭の群れで行動するが,ときには 1000頭をこえる群れをなすこともある。おもにスルメイカ類やハダカイワシ類などを捕食する。繁殖期は夏と冬。北緯 50゜を北限とし南緯 40゜を南限とする全海洋の温帯から熱帯海域に分布する。太平洋東部熱帯海域で操業される巾着網漁では,キハダの群れが本種の群れに付随して遊泳するため,混獲され現存数が減少傾向にある。日本では追込漁および突棒漁業により食用として捕獲されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スジイルカ【striped dolphin】

クジラ亜目マイルカ科の哺乳類。世界中の温帯,熱帯に生息する体長2.7mに達する典型的なイルカ。目から胸びれと肛門に向かう黒い条があるのでこの名がある。背面は青黒色,目の上から背びれに向かう幅広い淡色域があるのが特徴。くちばしは長い。歯は直径2~3mmで,上下左右に各45~50本ある。数十から数百頭,まれに1000頭を超す群れをなす。日本近海では,繁殖は周年行われるが,春秋2回の不明りょうなピークがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スジイルカ
すじいるか
striped dolphin
[学]Stenella coeruleoalba

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目マイルカ科のハクジラ。世界の温帯、熱帯海域に生息している。日本近海では、夏には北海道の沖まで分布し、冬には紀伊半島沖まで南下する。体形は紡錘形で、くちばしがある。体色は背部が黒で、腹側は白い。目から肛門(こうもん)に向かう黒条と、目から背びれにかけてみられる淡色帯が特徴。体長は雄では2.6メートル、雌では2.5メートルに達する。歯は上下顎(がく)左右に各40~50本あり、すべて円錐(えんすい)形で生え替わらない。妊娠期間は約1年で、出生時の体長は約1メートル。出生後約半年で餌(えさ)を食べ始める。離乳年齢は1.5歳。雌雄とも約9歳で性成熟に達する。雌は性成熟後、3年に1回1子を産む。繁殖期は年に2回。数十~数千頭の群れをつくる。群れには、未成熟群と成熟群(育児群と繁殖群)がある。餌は魚類、イカ類、エビ類などで、1日に体重の約3~10%の量を摂取する。[宮崎信之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スジイルカの関連キーワードタイセイヨウマダライルカクライメンイルカハシナガイルカマダライルカ雀海豚海豚

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android