コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スジエビ(筋蝦) スジエビPalaemon paucidens

世界大百科事典 第2版の解説

スジエビ【スジエビ(筋蝦) Palaemon paucidens】

湖沼や流れの緩やかな河川にすむ甲殻綱テナガエビ科のエビであるが,テナガエビイラスト)ほど第2胸脚が長くない(イラスト)。体長約6cm。つくだ煮として食用にするほか,釣餌魚類の天然餌料として重要である。無色透明で,頭胸甲に3~4本,腹部に7本の黒褐色の筋がある。胸脚の関節部は橙黄色。額角は頭胸甲より多少短く,ほとんど水平で,上縁に5~7本,下縁に2~4本のとげがある。千島サハリン,日本全国,韓国に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スジエビ(筋蝦)の関連キーワード湖沼

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android