コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スジグロシロチョウ Pieris melete

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スジグロシロチョウ
Pieris melete

鱗翅目シロチョウ科。スジグロチョウともいう。前翅長 30~35mm。モンシロチョウに似たシロチョウで,一般に混同されていることが多いが,雄は翅脈が黒く,翅の黒色斑は不明瞭または翅脈の黒条と融合している。幼虫は野生のアブラナ科植物の葉を食べることが多い。成虫は年数回出現する。日本全土,アジア東部に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スジグロシロチョウ

スジグロチョウとも。鱗翅(りんし)目シロチョウ科。開張(夏型)60mm内外,春型は夏型より小さい。モンシロチョウによく似て白色,翅脈に沿って黒条がある。日本全土,朝鮮,中国,シベリア東部に分布。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スジグロシロチョウ【Artogeia melete】

鱗翅目シロチョウ科に属する昆虫。東アジアにふつうのチョウで,日本では全国の山地から市街地まで広く分布する。翅の開張は5.2~6cm。飛翔(ひしよう)中はモンシロチョウと混同されやすいが,後翅裏面の翅脈が黒く(名の由来),その基部に黄色の丸い紋があることで容易に区別しうる。雄は強烈な香気を発する。春の出現期は各地ともサクラの開花期とほとんど一致し,モンシロチョウと混飛するが,真夏以降はモンシロチョウほどふつうでなくなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スジグロシロチョウ
すじぐろしろちょう / 条黒白蝶
[学]Pieris melete

昆虫綱鱗翅(りんし)目シロチョウ科に属するチョウ。北海道より九州にかけて分布し、その分布の南限は屋久島(やくしま)。普通のチョウであるが、対馬(つしま)ではきわめてまれである。はねの開張60ミリメートル内外。普通のモンシロチョウに似ているが、はねの脈に沿う暗色の条があるので見分けられる。和名はこの特徴に基づく。第1化の春型は関東地方から西日本の平地から低山地域では、早春3月下旬から4月より出現。以後、連続的に発生して初秋に及び、第1化のほかはすべて黒斑(こくはん)の発達した夏型となる。幼虫の食草は野生のアブラナ科植物、栽培されたダイコン、アブラナ類Brassicaにつくこともある。蛹(さなぎ)の状態で越冬する。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スジグロシロチョウの関連キーワードエゾスジグロシロチョウエゾスジグロチョウアオムシ深山白蝶青虫

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android