コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズガエル スズガエルBombina orientalis; fire-bellied toad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スズガエル
Bombina orientalis; fire-bellied toad

カエル目スズガエル科。体長 5cm内外。背面地色は青,淡褐色などで,いぼ状の突起が多数ある。腹面は赤,橙黄色に黒色斑が混り美しい。山地平地の川や池などの浅い水中や,水辺の石の下,草むらなどにすむ。中国東部から朝鮮にかけて分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スズガエル【fire‐bellied toad】

英名のとおり腹面に鮮やかな色彩の警告色をもつスズガエル科スズガエル属Bombinaのカエルの総称。5種が知られ,いずれも体長5cm以下と小さい。そのうちヨーロッパスズガエルB.bombina(イラスト)はヨーロッパ東部からカスピ海沿岸地方まで分布し,体背面を小さないぼ状隆起が覆っている。舌はまるくて下あごに固定している。頭胴部および四肢の腹面は鮮やかな赤色または朱色で,白点の混じった不規則な黒斑がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スズガエル
すずがえる / 鈴蛙
oriental fire-bellied toad
[学]Bombina orientalis

両生綱無尾目スズガエル科のカエル。原始的な種で、朝鮮半島から沿海州、中国の東北地区南部、山東半島にかけて分布する。日本でも対馬(つしま)に分布するという記録があるが、これは誤認である。背面は緑色または褐色で不規則な黒斑(こくはん)が散在し、多数の皮膚隆起がある。腹面は平滑で赤色、大形の黒斑がまだら模様をなす。頭部は比較的小さく扁平(へんぺい)で、鼓膜は不明瞭(ふめいりょう)である。体長4、5センチメートル。水田、溝、渓流周辺の水たまりに多く、韓国では5月ごろに産卵する。卵塊は小さく、水草に付着したり、水底に沈む。腰部抱接型である。
 スズガエル属には本種のほか中国大陸南部の2種、ヨーロッパのヨーロッパスズガエルB. bombina、キバラスズガエルB. variegataが含まれる。この属の仲間は、腹面と掌部が赤色または黄色で、顕著な黒色のまだら状斑紋をもち、危険にさらされると背を反ってあごと四肢をあげ、この斑紋を誇示する。[倉本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスズガエルの言及

【カエル(蛙)】より

…餌を発見するやすばやく舌を起こして前につきだし,先端部で巻き込むようにしてとらえる。しかしスズガエル類Bombinaのように円盤状で固定されたものや,無舌類(現生はピパ科のみ)のように舌を欠くものもある。 四肢が発達し,とくに後肢は長くて力強く,これを支える腰帯(ようたい)(後肢の関接部分)の構造もがっしりしている。…

※「スズガエル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スズガエルの関連キーワードキバラスズガエルサンバガエル産婆蛙倉本英名鈴蛙

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android