コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズメノカタビラ

百科事典マイペディアの解説

スズメノカタビラ

イネ科の一〜二年草。全世界に分布南極大陸にも帰化しており,畑地路傍など至るところにはえる。おもに春に開花する。高さ5〜25cmになり,や葉はやわらかい。花穂円錐形小穂は3〜6個の小花からなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スズメノカタビラ【annual bluegrass】

人家のまわり,公園,畑地等に最も普通に見られるイネ科の小型の雑草。原則として越年生の草本で,秋に発芽し,冬を越し,早春2月ころから秋までほとんど年中開花する。寒い地方では一年草となる。全体淡緑色で,軟らかく,毛がなく,細いひげ根がある。茎は叢生(そうせい)し,高さ10cmくらい,葉は根もとと茎の下部にあり,幅1~3mmの短い線形で,先はやや急にとがる。円錐花序は長さ7cmくらいで,糸状の枝を散開し,各小枝の先端にやや密に数個の小穂をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スズメノカタビラ
すずめのかたびら / 雀帷子
annual meadow grass
[学]Poa annua L.

イネ科の一年草または越年草。稈(かん)は株立ちし、高さ10~30センチメートル、軟弱でざらつかない。葉は長さ4~10センチメートル、先端は鈍形。3~11月、稈の先端に広卵形で長さ4~8センチメートル、主軸の各節に分枝を2本ずつもつ円錐(えんすい)花序をつける。小穂は卵形で長さ3~5ミリメートル、ときに紫色を帯び、小花は3~5個。護穎(ごえい)は先が鈍くとがり長さ約3ミリメートル、縁(へり)は透明な膜質で、背面の中間部以下に綿毛を密生する。内穎の竜骨に綿毛がある。日本全土の空き地、畑、道端に生え、全世界に分布する。名は、葉鞘(ようしょう)や護穎の縁(へり)が膜質で、薄い単衣(ひとえ)を思わせることによる。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スズメノカタビラの関連キーワード脂肪酸生合成阻害型除草剤マルガタゴミムシ蛇の目蝶人里植物韮実草広布種膜質人家芝生苺繋睨草

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android