コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズメノチャヒキ

百科事典マイペディアの解説

スズメノチャヒキ

イネ科の一年草。北海道〜九州,ユーラシア大陸の温帯に広く分布し,路傍川原日当りのよいところにはえる。5〜7月に開花,高さ30〜80cmになる。葉に軟毛があり,大型の円錐花序は先がたれ下がる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スズメノチャヒキ【Japanese chess】

日当りのよい草地,畑地荒地に生えるイネ科の一年草で,多くは群をなして生える(イラスト)。は単一またはやや叢生(そうせい)し,普通やや斜上した基部から立ち上がり,茎はわら状で,高さは50~70cmである。葉は線形で軟らかく,長さ20cmほど,幅は5mmくらいで,葉鞘(ようしよう)とともに長く軟らかい開出毛がある。初夏から夏にかけて,茎の頂に長さ15~25cmの円錐花序を出す。花序は外形卵形で,先は多少傾き,数節があり,各節に4~6本の糸状の枝を輪生し,枝の先に1ないし少数個のやや大型の小穂をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スズメノチャヒキ
すずめのちゃひき / 雀茶挽
[学]Bromus japonicus Thunb.

イネ科の一年草。全体に軟毛がある。稈(かん)は直立し、高さ30~80センチメートル、葉幅3~6ミリメートル。5~7月、稈の先端に細長い分枝があり、やや垂れ下がる円錐(えんすい)花序を出す。小穂は扁平(へんぺい)な長楕円(ちょうだえん)形で長さ1.5~2.5センチメートル、幅5~8ミリメートル、数個の小花がある。第1、第2包穎(ほうえい)には、それぞれ3または7脈がある。護穎はざらつき、上端の2歯間から芒(のぎ)が出る。芒は長いもので9ミリメートル以上になる。畑や荒れ地に生え、北海道から九州、および北半球の温帯に広く分布する。名は、小穂が、同じくイネ科のチャヒキグサ(別名カラスムギ)に似るが、より小さく、食用にならないことによる。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スズメノチャヒキの関連キーワードバッカクキン(麦角菌)チャヒキグサキツネガヤ雀茶挽草

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android