スズメノヒエ(読み)すずめのひえ

日本大百科全書(ニッポニカ)「スズメノヒエ」の解説

スズメノヒエ
すずめのひえ / 雀稗
[学] Paspalum thunbergii Kunth

イネ科(APG分類:イネ科)の多年草。全体が白い開出毛に覆われる。稈(かん)は株立ちし、高さ40~90センチメートル。8~10月、小花穂3~5本からなる総状花序をつける。小穂は小花穂の片側につき、広楕円(こうだえん)形で長さ約2.5ミリメートル、小花が2個ある。第1包穎(ほうえい)は退化し、第2包穎は半球状に膨らむ。草地に生え、本州から沖縄、小笠原(おがさわら)、および朝鮮半島、中国大陸に分布する。名は、同じくイネ科のヒエに似るが、小穂がそれより小さいことによる。葉に毛がなく、小穂が小花穂上に密につくものを、別種スズメノコビエとして区別する。

[許 建  2019年8月20日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「スズメノヒエ」の解説

スズメノヒエ

(1)イネ科の多年草。本州〜沖縄,東アジアの路傍野原に普通にはえる。高さ40〜90cm,葉は線形で多く根生する。8〜10月に開花。花穂は中軸生した3〜5本の枝(総)からなる。小穂は卵円形で,凸レンズ状に片面がふくらむ。近縁バヒアグラスがあり,またダリスグラスシマスズメノヒエ)は南米原産で,牧草として暖地で栽培され,また野生化している。(2)イグサ科スズメノヤリの別名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「スズメノヒエ」の解説

スズメノヒエ【Paspalum thunbergii Kunth】

イネ科の多年草で,日当りのよい草原にやや普通に見かける(イラスト)。叢生(そうせい)して株を作る。は細く,ほとんど基部から立ち,高さは50~90cmである。葉はおおむね茎の基部に2列に並び,線形で,長さは10~30cm,幅は5~8mm,濃い緑色で,全体に長く開出した軟毛がある。8~10月に花序を出す。花序は長さ10cmくらいの中軸に,総(ふさ)が交互に3~5個ついたもので,総の長さは5~10cm,その下側に黄緑色の小穂をやや密に2列につける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android