コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタビスキー事件 スタビスキーじけんL'affaire Stavisky; Stavisky Affair

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタビスキー事件
スタビスキーじけん
L'affaire Stavisky; Stavisky Affair

フランス第三共和政 (1870~1940) を危機に陥れた疑獄事件。世界恐慌の影響,隣国におけるナチスの政権獲得,政局の極度の不安定といった条件下のフランスで,1933年 12月末バイヨンヌ市立信用銀行が大量の偽造証券により破産,急進社会党の C.ショータン内閣の植民地相がそれに関与していることが暴露され,さらにこの犯罪の主犯と目された同銀行創設者 A.スタビスキーが政界や警察内部に保護者をもち,長期間の保釈を許されていることが報道された。 34年1月8日にスタビスキーの死体が発見されると,警察は自殺と発表したが,右翼勢力は閣僚や議員を含む政界有力者のスキャンダルを隠蔽する殺害事件として政府や議会制度の攻撃に乗出した。1月 27日内閣は総辞職,30日に É.ダラディエ内閣が成立したが,クロア・ド・フアクシオン・フランセーズなどの右翼団体はパリ街頭での示威行動を強め,2月6日に議会を包囲,クーデターを企てた。計画は死者 15名を出して失敗したが,翌日内閣は倒れ,同月9日に右翼的な G.ドゥーメルグ挙国内閣が成立,ファシズムの危険が切迫した。左翼系の労働者は同日,パリで大規模なデモを展開,2月 12日には全国 24時間の反ファシズムゼネストが行われた。そしてその後の危機の深刻化が人民戦線を生み出した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スタビスキー‐じけん【スタビスキー事件】

1933年、フランスに起きた汚職事件。詐欺犯スタビスキー(S.A.Stavisky)が仕組んだバイヨンヌ市債不法発行事件に、現職大臣が関与していたもの。ファシズム政権樹立をはかる右翼の運動に利用され、急進社会党政府が倒れたが、人民戦線成立の契機ともなった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

スタビスキー事件【スタビスキーじけん】

1933年末フランスでロシアユダヤ人スタビスキーS.A.Staviskyを主犯とする詐欺に関連して起きた政財界の疑獄事件。さらに翌年スタビスキーが変死したことが疑惑を深めて事件は拡大。
→関連項目ドゥーメルグ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スタビスキーじけん【スタビスキー事件】

ロシア生れのユダヤ人スタビスキーSerge Alexandre Stavisky(1886ころ‐1934)がひきおこしたフランスの疑獄事件。1933年12月末,バイヨンヌの公設質屋を舞台とするスタビスキーの詐欺事件が報道され,時の植民地相ダリミエら数人の政界人やジャーナリストが事件に関係していることが判明した。この詐欺事件そのものはそれほど大規模なものでもなく,直接の被害者も保険会社などの法人で大衆ではなかったが,大不況という状況のもと,事件を議会主義と急進社会党政府に対する攻撃材料に利用しようとするアクシヨン・フランセーズの扇動は功を奏し,34年1月末,事件の処理を誤ったショータン政府を倒壊させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

スタビスキーじけん【スタビスキー事件】

1933年12月、詐欺師スタビスキー(Stavisky)が起こしたフランス政界の汚職事件。閣僚も含む政界の腐敗が非難され、右翼団体の暴動をよんで内閣が倒れた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタビスキー事件
すたびすきーじけん
Affaire Staviskyフランス語

1930年代にフランスの第三共和政を揺さぶる政治的激動の口火を切った詐欺事件。ロシア生まれのユダヤ系帰化人スタビスキーSerge Alexandre Stavisky(1886―1934)はパリの暗黒街に出没する詐欺常習犯であったが、1931年南フランスのバイヨンヌ市の公設質屋を舞台に不良債券を発行して巨利を得た。33年末に不正が発覚しスタビスキーは逃亡したが、翌年1月8日シャモニーの山荘で死体で発見された。事件はありふれた詐欺事件であったが、バイヨンヌ市長兼代議士ガラ、ショータン内閣の植民地相ダリミエら与党急進社会党の政治家が事件に巻き込まれていたこと、スタビスキーの死因を自殺とする警察発表への疑惑などにより、右翼の反政府宣伝に絶好の口実を与え、一大疑獄事件にまで発展した。極右諸団体による連日の街頭デモにショータン内閣はついに総辞職したが、さらに次のダラディエ内閣の不手際も加わり、34年2月6日夜、死者十数名を出す右翼騒擾(そうじょう)事件を起こした。こうして事件は、30年代の経済不況と政治不安を背景に第三共和政を揺さぶるいくつかの事件の連鎖を生んだ。[平瀬徹也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスタビスキー事件の言及

【反ファシズム】より

…しかし,それが政治的立場を超えた知識人の統一運動として定着するのは,34年の2月6日事件をまたなければならない。フランスでは33年以来のスタビスキー事件を通じて政界の腐敗が危機感を煽りたてていたが,ナチスによるドイツ制覇に連動して,2月6日極右派が民衆を扇動し共和制打倒の一大騒擾事件をパリで引き起こしたのである。これに対して労働組合をはじめとする左翼勢力は共和制擁護のためゼネストをもって応え危機を一応脱しはしたが,この事実は多くの知識人に危機意識を抱かせ,人類学者ポール・リベ,物理学者ランジュバン,哲学者アランの提唱により3月に〈反ファシスト知識人監視委員会〉が組織され,ジッド,マルローはじめ,アラゴン,ニザン,ブルトン,ゲーノ,R.マルタン・デュ・ガール,バンダら,1200名の知識人が参加したのであった。…

※「スタビスキー事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スタビスキー事件の関連キーワード633美の里いの(町)吾北製糸業日本科学史奈破崙開拓使コッペリア文化闘争嘉納治兵衛(5代)