コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタペリア Stapelia; carrion flower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタペリア
Stapelia; carrion flower

ガガイモ科の多年草で,熱帯アフリカおよび南アメリカに 80種以上が知られ,また観賞用に交配種が多数つくられている。サボテン類に似た矮性多肉植物で,基部で分枝し,斜上または直立して四角柱状をなし,各稜には鋭い歯のような突起がある。葉は一般に退化し,小型で早落性。花は単生または双生のものが多く,長い柄があり,星形の5弁花で基部は癒合し,大輪のものが多い。悪臭を放つ。花の内面に汚紫色または紫色の斑点がある。種子には羽毛があり風で散布される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スタペリア

アフリカ中・南部に分布するガガイモ科の多肉植物。稜に歯状の突起がある四角い柱状の茎を群生し,多くは葉がなく,5〜20cmの高さになる。ヒトデを思わせる星形に5裂する花には柄があり,悪臭を放つ種が多い。
→関連項目犀角

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スタペリア【carrion flower】

ガガイモ科の小型多肉植物の1属で約100種あり,おもにアフリカの南部から東部少数はインドの乾燥地に分布する(イラスト)。群生し,茎は4稜の柱状で,とげはない。葉は退化し,早落性の小さい三角形で稜に沿った突起上につく。花は特異な形態と機構をもち,外観はヒトデに似る。花弁は下部が合着した星形で,多くの種は縁辺短毛を生じ,中部が輪状に盛り上がり,黄・茶・橙色の縞がある。花の構造は複雑で,副花冠(内花冠)が発達し,めしべに見える突起(内角)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スタペリア【Stapelia】

ガガイモ科に属する多年生多肉植物の一群。アフリカ南部に約100種ある。茎は四角柱状。葉は痕跡的に茎につく。花はヒトデ状で暗褐色の斑点がある。観賞用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタペリア
すたぺりあ
[学]Stapelia

ガガイモ科スタペリア属の総称。多肉の多年草で、一般に矮性(わいせい)である。原産地は主として南アフリカであるが交配種も多く、鉢植えにし、温室内で栽培する。茎は柱状で、基部で分枝して群生する。葉は退化し、小形のつめ状で、早く落ちる。花は星形で副花冠があり、茎の下部に1~5個つき、花色は黒褐色または斑点(はんてん)のあるもの、まれに淡黄色などがある。花期は夏から秋。腐肉臭があるのでハエが集まり、ウジの発生することがある。オオバナサイカク(大花犀角)、オウサイカク(王犀角)、ギュウカク(牛角)などがよく栽培される。繁殖は株分けが普通であるが、実生(みしょう)もできる。[松岡清久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スタペリアの関連キーワード暗褐色一群

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android