コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタンド油 スタンドゆstand oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタンド油
スタンドゆ
stand oil

亜麻仁油などの乾性油を 300℃前後の高温で加熱重合して得られる粘稠油。一般に粘度が大きくなると酸価は高く,ヨウ素価は低くなる。色調はやや劣るが,塗膜の乾燥が速いので塗料用原料,印刷用インキ,エナメルなどに利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スタンドゆ【スタンド油 stand oil】

亜麻仁油などの乾性油を,二酸化炭素を送り空気を遮断して,300℃前後に加熱して重合させ,粘度を増加させた油。印刷インキ,塗料などの製造に用いられる。以前は原料油をかまに入れて直火で加熱し,発生する油の蒸気に火をつけ(亜麻仁油引火点は285℃),次に適当な時期にふたをして,そのまま消火・放冷する方法が用いられたといわれる。乾燥性はボイル油に劣るが,乾燥すると光沢および弾力性のある平滑な塗面を与える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタンド油
すたんどゆ
stand oil

あまに油、桐油(きりゆ)などの乾性油を、空気を遮断して300℃近くに加熱し、重合させたものである。塗料原料となる。乾燥性はボイル油(空気を吹き込みながら加熱し、乾燥剤を添加したもの)に劣るが、乾燥膜の耐水性は勝る。速乾性、良浸透性、良好塗膜硬度であり、顔料に対し相対的に油分が少ない下塗り用ボイル油には、桐油のスタンド油を多く含んだものがある。
 空気を断った加熱により、あまに油などの非共役二重結合(この場合、複数の二重結合がメチレン基1個を隔てて存在する)の一部が、共役二重結合(複数の二重結合が隣り合って存在)になる。生成あるいは既存の共役二重結合を含む分子は、他の二重結合を含む分子と加熱反応し環化重合する。[福住一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スタンド油の関連キーワードエナメルペイント桐油(きりゆ)あまに油油脂

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android