コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スチレン・ブタジエンゴム スチレンブタジエンゴム

2件 の用語解説(スチレン・ブタジエンゴムの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

スチレン・ブタジエンゴム

SBRまたはスチレンゴムとも。代表的な合成ゴムで,スチレンとブタジエンとの共重合物。1930年代にドイツで開発されてブナSと名づけられ,第2次大戦中米国でGR-Sの名で大量生産された。
→関連項目アクリロニトリル・ブタジエンゴム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スチレン・ブタジエンゴム
すちれんぶたじえんごむ
styrene-butadiene rubber

第二次世界大戦前後にドイツでブナS、アメリカGR-Sの名称で工業化された合成ゴムである。ASTM(アメリカ材料試験協会)の規格による略称はSBR。現在もっとも大量に生産されている汎用(はんよう)ゴムである。大部分は乳化重合によって合成される(E-SBRと略称)が、一部は溶液重合によって合成される(S-SBRと略称)。一般的なE-SBRは、スチレン(23.5%)とブタジエンを加圧下、せっけん水中に分散乳化し、過酸化物開始剤と分子量調節剤を加えて、5℃で10時間反応させ、重合停止剤や老化防止剤を加え、さらに食塩などの凝固剤を加えて分離、水洗、乾燥して生ゴムの製品とする。天然ゴムに比較して、品質が均一であり、素練りが容易で、加工しやすく、一方、加硫速度が低い。E-SBR加硫物は、天然ゴムに近い強度と優れた耐老化性、耐熱性および耐摩耗性を示すが、耐寒性・粘着性・反発弾性などが劣り、動的発熱が大きく、引裂き強度が低い。性能・加工性・コストのバランスがもっとも優れているので、自動車タイヤ、ベルト、ホース、パッキング、履物、その他各種工業用ゴム製品など広い用途がある。生ゴムは天然ゴム(NR)ややブタジエンゴム(BR)と混合あるいは、樹脂とブレンドする改質剤としての用途もある。S-SBRは、有機リチウム触媒によるアニオン共重合で合成される。E-SBRに比較して加工性・動的特性が優れ、屈曲亀裂(きれつ)に強く、低温特性がよい。E-SBRと同じ用途に使われるほか、低燃費・高性能タイヤの原料として注目される。スチレンを50%以上含むSBRはハイスチレンゴムとよばれ、硬質ゴム製品として靴底や床タイルなどの用途がある。乳化重合によるSBRラテックスは、紙加工、プラスチック強化や接着剤などに使われる。[福田和吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スチレン・ブタジエンゴムの関連キーワードイソブチレンゴムスチレンスチレンブタジエンゴムポリスチレンエチレンプロピレンゴムゴム跳びスチレンペーパーポリイソプレンゴムポリスチレンフォーム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スチレン・ブタジエンゴムの関連情報