ステント(読み)すてんと

生活習慣病用語辞典「ステント」の解説

ステント

内腔を保持する鋳型 (堅い網でできたストローのようなもの) で、心臓冠動脈消化管狭窄部を拡張するために挿入または埋め込まれるものです。心筋梗塞治療では、冠動脈形成術 (風船療法) で血管を拡張し、その状態を保つため (再狭窄予防) に使われる医療器具です。

出典 あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「ステント」の解説

ステント【Gunther Siegmund Stent】

1924‐
ドイツで生まれ,アメリカで活躍している分子生物学者。1948年イリノイ大学で学位を得,52年カリフォルニア大学教授。物理化学者だったがシュレーディンガーE.Schrödingerの著書生命とは何か》を読んで生物学に転じ,M.デルブリュックらのファージグループに加わった。ファージ増殖初期の紫外線感受性,32Pの崩壊に伴うファージの不活性化,増殖の初期に合成されるタンパク質の研究,ファージT4の吸着速度の研究など,ファージ遺伝学の基礎的な研究を行った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android