コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステント ステント stent

翻訳|stent

3件 の用語解説(ステントの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ステント(stent)

血管・気管・消化管・胆管などを内側から広げるために用いられる、金属製の網状の筒。カテーテル内視鏡を使って目的の場所まで挿入し、留置する。狭心症脳梗塞癌(がん)による狭窄などの治療に用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活習慣病用語辞典の解説

ステント

内腔を保持する鋳型 (堅い網でできたストローのようなもの) で、心臓の冠動脈や消化管の狭窄部を拡張するために挿入または埋め込まれるものです。心筋梗塞の治療では、冠動脈形成術 (風船療法) で血管を拡張し、その状態を保つため (再狭窄予防) に使われる医療器具です。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ステント【Gunther Siegmund Stent】

1924‐
ドイツで生まれ,アメリカで活躍している分子生物学者。1948年イリノイ大学で学位を得,52年カリフォルニア大学教授。物理化学者だったがシュレーディンガーE.Schrödingerの著書《生命とは何か》を読んで生物学に転じ,M.デルブリュックらのファージグループに加わった。ファージ増殖初期の紫外線感受性32Pの崩壊に伴うファージの不活性化,増殖の初期に合成されるタンパク質の研究,ファージT4の吸着速度の研究など,ファージ遺伝学の基礎的な研究を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ステントの関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカ杉アメリカ地中海アメリカ松アメリカン亜米利加アメリカ草アメリカ梯姑汎アメリカ主義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ステントの関連情報