ストール(読み)すとーる

デジタル大辞泉の解説

ストール(stall)

[名](スル)
航空機が失速すること。
自動車などで、エンジンが急に停止してしまうこと。「ギアを入れ違えてエンジンをストールさせる」

ストール(stole)

婦人用の細長い肩掛け。
主にカトリック聖職者が、ミサなどのとき、首から掛ける細長い布。一種法衣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ストール

毛皮,ウール,毛糸,絹,レース等で作られた女性用の細長い肩掛のことで,装飾防寒を兼ねて用いられる。古代ローマの女性が着た外衣ストラstolaがその前身とも,また中世の聖職者が首からかけた帯状のものが変化してストールになったともいわれる。
→関連項目襟巻

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ストール【stall】

飛行機の失速。
自動車を急加速させたときなどに、エンジンが停止する現象。

ストール【stole】

婦人用の細長い肩掛け。毛皮・絹・レースなどで作り、防寒・装飾に用いる。
主にカトリックの聖職者が使用する、細長い帯状の肩掛け。ストラ。

ストール【STOL】

〖short takeoff and landing〗

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストール
stole

服飾用語。古代ローマの,おもに女性用チュニック型ワンピースの意のラテン語ストラが変形した語。時代順に次の3様の意が加わり,現在に及んでいる。 (1) 古代ローマ時代のストラを模した,床丈の衣服。またはゆったりした外衣。 (2) ビザンチン時代以降,聖職者が儀式の際に法衣の一部として着用した帯状の装飾的肩掛け。おもに絹,麻製。全面に精巧な刺繍がある。本来衣服の意であったものが,肩掛けの意に転じた原因については,定説がない。 (3) 女性用の装飾,防寒用のスカーフおよび肩掛け風の外套。この意味に使われたのは 16世紀で,今日では最も一般的な語意となっている。当初は毛皮製であったが次第に範囲が広がり,現代では毛織物,人造毛皮,ネット,絹,レース,毛糸など,さまざまである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストール
すとーる
stole

丈長のゆったりした外衣であるローブを意味するギリシア語stol、ラテン語stolaに由来する語。古代ローマの既婚婦人が着用した丈の長い寛衣のほかに、中世以来、牧師や司祭が両肩に掛けて用いたり、助祭や執事が儀式の際に左肩に掛けた、主として絹や麻製の帯状の布に精巧な刺しゅうを施したものをいう。また、毛皮や布などでつくった長くて幅の広い、あるいは肩の形にあわせてつくられた肩掛けのこと。装飾用、防寒用、あるいはその両方を兼ねて着用される。イブニング・ドレスなどに用いるものは毛皮、シフォン・ベルベット、レースなど。防寒用には毛皮、毛糸、毛織物などのものが多い。日本では「ショール」と混用されている。[田村芳子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ストール

〘名〙 (stall)
飛行機が飛行中、対気速度の減少や、迎え角の増加により、揚力を失う現象失速
自動車などで、急に加速などを試みた時、エンジンが停止する現象。

ストール

〘名〙 (stole)
① 婦人用の長い肩掛け。毛皮・編物・布などで作る。
※若いセールスマンの恋(1954)〈舟橋聖一〉八「レモン・イエローのストールを巻いた夜の酔ひどれ女」
② 聖職者が、ミサなどのときに首から掛ける細長い布。主にカトリックの聖職者が用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のストールの言及

【襟巻】より

…以来肩掛けは明治中期から防寒具として流行し,ねずみ色,えび茶,肌色などのネル地で上半身をくるむほどの大きさであった。今日では防寒,装飾など用途によって,また,大きさ,形などからショール,ストール,マフラー,スカーフ,ネッカチーフ,ボアなどがある。ショールは和装用として使われるものをいい,長方形が多い。…

※「ストール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ストールの関連情報