コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スプリト スプリト Split

翻訳|Split

4件 の用語解説(スプリトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スプリト(Split)

クロアチア南部のアドリア海に面した町。ローマ皇帝ディオクレチアヌスが宮殿を造営し、退位後に余生を過ごした。西ローマ帝国崩壊後に廃墟となった宮殿の跡に、7世紀頃から人が住みつき、町が建設された。9世紀にはロマネスク様式の聖ドムニウス大聖堂も造られた。20世紀の内戦によって多くの歴史的建造物が破壊されたが、現在修復が進んでいる。1979年に「スプリトの史跡群とディオクレチアヌス宮殿」として世界遺産文化遺産)に登録された。スプリット

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スプリト

クロアチアのアドリア海岸の港市。イタリア名はスパラトSpalato。同国第2の貿易港。造船・化学・缶詰・セメント工業が行われ,観光・保養地ともなっている。ローマ時代のディオクレティアヌス宮殿の遺跡,中世やルネサンス時代の美しい建造物があり,1979年世界文化遺産に登録された。
→関連項目ダルマツィア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スプリト【Split】

クロアチア南部,アドリア海にのぞむダルマツィア地方最大の港町。イタリア名スパラトSpalato。人口18万9000(1991)。この近郊で生まれたローマ皇帝ディオクレティアヌスは晩年を過ごすべく宮殿を造営(295‐305),これが町の起源となる。東西215m,南北180m弱の3万8000m2を占める長方形の広大な敷地は,厚さ2m,高さ20m以上の城壁に囲まれ,東西南北に銀,鉄,銅,金の4門をもつ。7世紀初めアバール人スラブ人が近くのソリン(サロナエ)を破壊,住民がここへ避難して住みつき,しだいに発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スプリト
すぷりと
Split

クロアチア共和国南西部の都市。ダルマチア地方中部海岸の小半島先端部に位置し、アドリア海に臨む。イタリア語名スパラトSpalato。人口18万8694(2001)。住民の大部分はクロアチア人セルビア人。北方のイタリア国境に近いリエカ(イタリア名フィウメ)に次ぐクロアチア第二の港をもち、後背地と鉄道、道路、空路で結ばれ、アドリア海観光の中心地ともなっている。おもにセメントを港から輸出する。ほかに造船、プラスチック、織物、機械などの工業があり、近郊を含む工業地帯を形成している。海洋研究所、スプリト大学、考古学博物館、イワンメシュトロビッチ美術館など、教育・文化施設も多い。
 紀元前にローマの植民地として建設され、3世紀末にローマ皇帝ディオクレティアヌスが宮殿を築き、廟(びょう)や城壁とともにその一部が現存する。ゴート人、フン人、トルコのアッバース朝によって町は破壊された。1420~1797年にベネチアの支配を受け、またその後、一時フランスの支配を含むが1918年までオーストリアの支配下に置かれた。1918年よりユーゴスラビア王国領となるが、第二次世界大戦中はイタリアが領有した。戦後はユーゴスラビア社会主義連邦共和国に属したが、91年独立したクロアチア領となった。[漆原和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスプリトの言及

【ピアッツァ・アルメリーナ】より

…別荘はビラ・ロマーナ・ディ・カサーレVilla Romana di Casaleと呼ばれ,モンテ・マンゴーネの斜面に複雑な建築プランをもって広がっている。ほぼ同時代のスプリト(ユーゴスラビア)にあるディオクレティアヌスの宮殿の整然たるプランと対照を成し,ローマ帝政末期の建築遺構として重要であるが,約3500m2に及ぶ舗床モザイクはより大きな重要性をもつ。主題によって,装飾モティーフ,神話,狩猟の3グループに分類しうるこのモザイクは,3世紀末から4世紀に制作された。…

※「スプリト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スプリトの関連キーワードアドリア海クロアチアダルマチアボルオレビッチコルチュラシベニクスタリグラードソリンマカルスカ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スプリトの関連情報