コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペクトロヘリオグラフ スペクトロヘリオグラフ spectroheliograph

翻訳|spectroheliograph

3件 の用語解説(スペクトロヘリオグラフの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スペクトロヘリオグラフ(spectroheliograph)

太陽を、一定の波長の光のみを用いて写真撮影をする装置。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スペクトロヘリオグラフ

分光太陽写真儀とも。単色光(水素のHα線,カルシウムのH線,K線等)の太陽像を撮影する装置。対物レンズで生じた太陽像に狭い第1スリットを当てて一部だけ取り出し,この光線をプリズムまたは回折格子によりスペクトルに分け,第2のスリットにより所要の波長の光だけ通して写真に感光させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スペクトロヘリオグラフ【spectroheliograph】

太陽の単色像を撮影する装置。1890年ころG.E.ヘールによって考案された。分光器をモノクロメーターとして使用することにより,太陽スペクトルのうち任意の波長の単色光のみを通過させて太陽像を撮る。実際には,分光器のスリット上に生じた太陽像と,射出スリットに置いたカメラとを連動させ,移動させながら撮影する。リヨ・フィルターを使って全面を同時撮影するのとは異なり,撮影された太陽像は同時ではない。しかし,単色波長の純度や,撮影波長の選択ができるので,太陽光球や彩層の構造,速度場,磁場の観測には欠かせない

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スペクトロヘリオグラフの関連キーワード太陽のない街カメラマンクランク接写ヘリオメーター裏撮りスチールカメラデイライト物撮り間接撮影法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone