コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポーツ科学 スポーツかがくsports science

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スポーツ科学
スポーツかがく
sports science

体育学のみならず,教育学,医学,社会学心理学統計学生化学栄養学などを総合して,スポーツに関するすべてを研究する学問。これらを総合することによって,各種スポーツのトレーニング法や器具を開発し,記録を飛躍的に向上させることができる。陸上競技の高地練習や,棒高跳びグラスファイバ・ポールの開発,心理学の面からはイメージトレーニングなどが,スポーツ科学の成果といえる。また,基礎体力の向上なども研究されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スポーツ科学【スポーツかがく】

スポーツを科学的に研究する専門諸学の総称。英語ではsports science,ドイツ語ではSportwissenschaft。スポーツ科学はもともと,トップ・アスリートたちの競技力を向上させるための科学として出発したので,スポーツにかかわる自然科学的研究分野である,と限定して考える人が多い。しかし,最近の欧米の議論では,スポーツ科学をスポーツにかかわるすべての事象を研究する〈総合科学〉としてとらえる方向が主流をなしつつある。日本でも,スポーツ科学を人文・社会・自然科学を網羅する〈総合科学〉として理解する人が増えている。現段階で考えられているスポーツ科学の広がりを〈学系〉の視点で整理してみると,スポーツ文化学系,スポーツ社会科学系,トレーニング科学系,コーチング科学系,スポーツ医科学系,健康科学系,スポーツ工学系の7つに分類することができる。これらの〈学系〉のなかにそれぞれの専門諸学が位置づくことになる。たとえば,スポーツ文化学系のなかにはスポーツ哲学,スポーツ史,スポーツ人類学,スポーツ人間学……という具合。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スポーツかがく【スポーツ科学】

スポーツ現象のなかに存在し作用している法則性を見出して,スポーツによる身心の健康をめざし,社会におけるスポーツの役割を位置づけ,ひいてはスポーツ活動そのものに役立つ知識を得るための科学。かつての体育学の枠を越えて多くの学問分野と連携して研究が進んでいる。 スポーツの科学的研究は18世紀末に始まった。ドイツのJ.C.F.グーツムーツは,身体運動を教育学と生理・解剖学の理論によって,一つの新しい学問体系にすることが時代の課題であると述べている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スポーツかがく【スポーツ科学】

スポーツを研究対象とする諸科学の総称。スポーツ医学・スポーツ生理学・スポーツ心理学・バイオメカニクス・スポーツ哲学・スポーツ史・スポーツ人類学・スポーツ運動学・スポーツ社会学など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のスポーツ科学の言及

【体育学】より

…この場合,教育学の一領域とすれば体育教育学とよばれるが,また,体育社会学や体育生理学などの専門科学領域の総体とすれば狭義の体育科学を指し,さらに,体育哲学,体育教育学,狭義の体育科学を包括するものとすれば広義の体育科学である。最近では体育学をスポーツ教育学と同義語とみなして,これをスポーツ科学の一領域として位置づける傾向が国際的に有力である。 行動力と道徳心に富む市民や国民を形成するために,身体運動による教育の諸問題を研究し,新しい学問としての体育学を確立することが必要であると主張し始めたのは,18世紀フランスの医学者ベルディエやドイツの教育学者P.ビョームらであった。…

※「スポーツ科学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スポーツ科学の関連情報