コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スラブ派 スラブは

4件 の用語解説(スラブ派の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

スラブ派【スラブは】

ロシア語slavyanofil'stvo,slavofilyの訳。19世紀ロシアの国粋的思想運動の担い手の称で,西欧派に対する。キレエフスキー兄弟,ホミャーコフ,アクサーコフ兄弟らが主な論客。
→関連項目チャアダーエフミール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スラブは【スラブ派 slavyanofil’stvo】

19世紀ロシアの国粋的思想潮流とこれに属する人々をいう。ナポレオン戦争後の民族主義ドイツロマン主義の影響のもとにはぐくまれ,直接的にはチャアダーエフの《哲学書簡》(1836)をめぐる論争の過程で形成された。この派のおもな思想家はキレエフスキー兄弟,A.S.ホミャコーフ,アクサーコフ兄弟,サマーリンYurii Fyodorovich Samarin等で,彼らの論敵は西欧派と呼ばれた。1840年代の初頭から50年代にかけて,二つの陣営は西欧とロシアの文化的特質,ロシア文化の自立性,世界史の中でのロシアの役割等の問題に関して,各種のサロンを中心に議論をたたかわせた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スラブ派
スラブは

スラブ主義」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スラブ派
すらぶは

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スラブ派の関連キーワードクルスクスラブ主義ヨーロッパロシアНевельскロシアの恋人グルジアとロシアの対立チャイコフスキー:ピアノ・ソナタ(大ソナタ) ト長調/piano soloスタンケービチ大ロシア語ルスカヤ・プラウダ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone