コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スリューテル スリューテル Sluter, Claus

5件 の用語解説(スリューテルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スリューテル
スリューテル
Sluter, Claus

[生]1350頃.ハールレム
[没]1406.1.30. ディジョン
オランダの彫刻家。ゴシック末期の北ヨーロッパ最大の彫刻家。 1385年ディジョンにおもむきブルゴーニュフィリップ2世の宮廷彫刻家ジャン・ド・マルビルの工房に入り,89年師の死後その工房を受継ぎ首席彫刻家となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スリューテル(Claus Sluter)

[?~1406ころ]オランダの彫刻家。ブルゴーニュ公国の宮廷彫刻家となる。写実にすぐれた力強い作風で、15世紀フランス彫刻界に大きな影響を与えた。作「モーセの井戸」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スリューテル

ネーデルラントの彫刻家。ハールレム生れといわれる。初めブリュッセルで活動したが,1385年からフランスのディジョンでジャン・ド・マルビルの助手として働き,1389年にはその跡を継いでブルゴーニュ公フィリップの宮廷彫刻家となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スリューテル【Claus Sluter】

1340か50‐1405か06
ネーデルラント出身のゴシックの彫刻家。生地は,一説にはハールレムともいわれるが,修業時代は不明。1379年ころブリュッセルの旧市庁舎で預言者像やコンソール(持送り)の制作に参加。85年ディジョンでブルゴーニュ公フィリップ2世(豪勇公)に仕え,89年彫刻家ジャン・ド・マルビルJean de Marvilleの死後,その後継者となる。ディジョン郊外,シャンモールChampmolカルトゥジア会修道院教会正面扉口に豪勇公夫妻と守護聖人の群像(1391‐93),同教会にキリストの大磔刑像台座で《モーセの井戸》と呼称される6預言者群像(1395‐1404)などを制作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スリューテル
すりゅーてる
Claus Sluter
(1340/60―1405/06)

フランスのディジョンで活躍したネーデルラントの彫刻家。ハーレムの出身と推定され、1380年ごろブリュッセルの石工組合のリストに初めてその名がみえる。85年3月1日以降ディジョンでブルゴーニュ公フィリップ2世(剛勇王)に仕え、その宮廷彫刻家となって同地に没した。代表作には、王家の墓所として建立されたシャンモールのカルトジオ会修道院における一連の制作があるが、なかでも中庭にある「モーセの井戸」(1395~1402)は、ゴルゴタの丘生命の泉の理念をもつ表現として名高い。15世紀の新様式を先取する彼の作品は、フランス、ネーデルラント、フランドルの後期ゴシック彫刻の進展に多大な影響を与えた。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスリューテルの言及

【オランダ美術】より

… ネーデルラントはブルゴーニュ公国時代に一大発展を遂げて経済的・文化的隆盛を極めるが,北部は後進的な地位にとどまっていたため,優れた芸術家はしばしば国外に活躍の場を求めた。ハールレムが生んだオランダ最大の彫刻家C.スリューテルは国際ゴシック様式にくみせず堂々たる量感に富んだ石彫像を制作して新たな写実主義への道を開いたが,もっぱらフランスのディジョンで活動したため出身地にはほとんど影響を残していない。絵画においてもミニアチュール画家としてフランスの宮廷で活躍したマルーエルJan Malouel(?‐1415)とランブール兄弟,ルーバンで市の画家を務めたバウツなどは,北部の出身であるにもかかわらず,通常はそれぞれフランスおよびフランドル美術史の中に位置づけられている。…

【ゴシック美術】より

…13世紀の半ばからすでに写実主義の進行は古典主義を破り,14世紀は個性化を進めた肖像ないし肖像的作例と優美なマンネリズムの彫像が現れている。ネーデルラント出身のスリューテルはディジョンのブルゴーニュ公のもとで制作したが,力強い写実主義をもって,これまでの優美なマンネリズムを打破し,性格的な劇的彫像を実現し,建築と独立した15世紀彫刻に決定的方向をあたえた。 イギリスの教会堂建築も多く宗教戦争によって破壊されたが,正面や内陣を彫像群で飾り,ことに14世紀の内陣や墓廟にゆたかな装飾を施している。…

【ディジョン】より

…ディジョンが芸術活動の一大中心地となるのは,14世紀後半から15世紀にかけてのバロア家ブルゴーニュ公4代の時代である。優美な装飾性と写実性を交えた国際ゴシック様式を代表する芸術家が輩出したが,14世紀末にネーデルラント出身の彫刻家C.スリューテルがブルゴーニュ公に仕え,力強い造形性とあふれる生命感により,この流行様式を凌駕(りようが)する造形を生みだした。彼は1389年に同市のアトリエの長となり,フィリップ2世により歴代君主の廟墓として郊外のシャンモールChampmolに建立されたカルトゥジア会修道院の扉口,同中庭にある〈モーセの井戸〉(1405)などの彫刻を製作した。…

※「スリューテル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スリューテルの関連キーワードニューネーデルラントネーデルラント楽派ネーデルラント戦争ネーデルランド楽派ゴシックホラー快楽の園ネーデルラント室内管弦楽団ネーデルラントの諺ネーデルラント・フィルハーモニー管弦楽団ネーデルラント王国

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone