コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スレンドロ slēndro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スレンドロ
slēndro

インドネシア音楽,特にガムランのなかで使われる音階で,5音から成り,7音のペロッグと対比する。5音の音程関係は固定されず,地域,楽団 (ガムラン・セット) が変れば調律の仕方も変る。この傾向はペロッグよりも強い。しかし,ほぼ平均値をとればオクターブを5等分した音程となり,西洋的平均律から大きくはずれる。5つの音はヌム,バラン,グル,ダダ,リモと名づけられ,実際の音楽で5つがすべて同等に扱われるわけではなく,パテット (旋法,旋律型) に従っていずれか3つが主要音として頻繁に使われ,他の2つは補助的存在となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スレンドロ(〈インドネシア〉sléndro)

インドネシア音楽で用いられる音階名または音列名。1オクターブに五つの音がある五音音階である。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

スレンドロ

インドネシアの半音を含まない5音から成る音階名ないし音列名。標準音高はなく,音名も地域によってさまざまである。中部ジャワでは5音を低い方から1,2,3,5,6で表し,それぞれ順にバランbarang,グルgulu,ドド,リモlima,ヌムnemと呼ぶ。
→関連項目クトックノングンデルクンプルサロン(楽器)パテッボナン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

スレンドロの関連キーワードハリソン(Lou Harrison)ガムラン(合奏形態)インドネシア音楽サロン(打楽器)東南アジア音楽アンクルンカチャッピクンプールセント算法ガンバンスリン音律

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android