コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セシウム一三七 セシウムヒャクサンジュウシチ

デジタル大辞泉の解説

セシウム‐ひゃくさんじゅうしち〔‐ヒヤクサンジフシチ〕【セシウム一三七】

セシウム放射性同位体の一つ。ウランプルトニウム核分裂反応などによって生成される。半減期は約30年。ベータ崩壊し、最終的に安定同位体バリウム137に変化する。化学的性質カリウムに似ているため、人体に入ると全身の筋肉などに分布し、新陳代謝により約110日で半減する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

セシウムひゃくさんじゅうしち【セシウム一三七】

質量数が一三七のセシウムの放射性同位体。半減期30年でベータ崩壊を行い、バリウム一三七となってガンマ線を出す。核分裂生成物の一。人体・動物体内ではカリウムとともに行動し、筋肉に集まる。ガンマ線源として工業用・医療用に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

セシウム一三七の関連キーワード核分裂生成物死の灰ベータ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セシウム一三七の関連情報