セシウム一三七(読み)セシウムヒャクサンジュウシチ

デジタル大辞泉「セシウム一三七」の解説

セシウム‐ひゃくさんじゅうしち〔‐ヒヤクサンジフシチ〕【セシウム一三七】

セシウム放射性同位体の一つ。ウランプルトニウム核分裂反応などによって生成される。半減期は約30年。ベータ崩壊し、最終的に安定同位体バリウム137に変化する。化学的性質カリウムに似ているため、人体に入ると全身筋肉などに分布し、新陳代謝により約110日で半減する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「セシウム一三七」の解説

セシウム‐ひゃくさんじゅうしち ‥ヒャクサンジフシチ【セシウム一三七】

〘名〙 質量数一三七のセシウム。人工放射性同位体の一つ。核分裂によって生じ、半減期三〇年。化学的性質がカリウムに似ており、人体内に入ると筋肉などに集まるため、その放出するγ(ガンマ)線は有害。γ線源、トレーサーにも利用されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android