コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セツブンソウ

百科事典マイペディアの解説

セツブンソウ

本州(関東以西)の山よりの雑木林などにはえるキンポウゲ科多年草。地下には球形塊茎があり,根出葉は長い柄がつき,掌状に裂ける。早春に高さ10cm内外の花茎を出し,上半に柄のない2枚の葉,頂に1個の花をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セツブンソウ
せつぶんそう / 節分草
[学]Shibateranthis pinnatifida (Maxim.) Satake et Okuyama

キンポウゲ科の多年草。早春植物で、初夏には地上部が枯れる。球状の塊茎がある。茎は高さ約10センチメートル。葉は3全裂し、長い柄がある。花は茎の先に一つずつ開き、径約2センチメートル。萼片(がくへん)は白色で花弁状、花弁は小形で黄色、先が分岐してY字状の蜜腺(みつせん)となる。温帯の林縁や草原に生え、関東地方以西の本州に分布する。石灰岩地によく生える。名は、ほかの植物に先駆けて節分のころ開花することによる。セツブンソウ属は、ユーラシア大陸東部に本種を含めて7種が分布する小さな属である。なお、ヨーロッパ原産のものはエランシス属Eranthisとして独立させる説もある。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

セツブンソウの関連キーワードエランシス双子葉植物家楡総包子葉総領本州

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セツブンソウの関連情報