セントラルドグマ(英語表記)central dogma

翻訳|central dogma

栄養・生化学辞典の解説

セントラルドグマ

 DNA,RNA,タンパク質の関係について,DNAが転写されてRNAとなり,それが翻訳されてタンパク質になるという遺伝情報伝達の流れを示した説.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

セントラルドグマ【central dogma】

遺伝情報の伝達・発現に関する分子生物学の一般原理。遺伝情報は核酸からタンパク質へと流れ、逆流することがないとする。1958年にイギリスの分子生物学者クリックが提唱。中心教義。中心命題。中心ドグマ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android