セントラルドグマ

化学辞典 第2版「セントラルドグマ」の解説

セントラルドグマ
セントラルドグマ
central dogma

遺伝情報はその担い手であるDNAから直接タンパク質へ移されるのではなく,一度メッセンジャーRNAに移され,それに従ってタンパク質のアミノ酸配列が決まり,形質発現がなされる.すなわち,次の図式で示され,これをセントラルドグマとよぶ(中心命題とも訳される).

この図式の矢印は遺伝情報の伝達方向をさしている.DNAからDNAへの矢印は,DNAがDNA自身を鋳型とする自己複製を意味する(DNAの複製).DNAからRNAへの矢印は,DNAを鋳型として相補的塩基配列をもつRNAが,RNAポリメラーゼによって合成される(転写)ことを意味する.写のこの矢印は,RNA依存DNA合成酵素(逆転写酵素)の発見によって逆になる場合もあることが示された(点線).

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

栄養・生化学辞典「セントラルドグマ」の解説

セントラルドグマ

 DNA,RNA,タンパク質の関係について,DNAが転写されてRNAとなり,それが翻訳されてタンパク質になるという遺伝情報伝達の流れを示した説.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android