コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センノウ(仙翁) センノウLychnis senno

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

センノウ(仙翁)
センノウ
Lychnis senno

ナデシコ科の多年草。古く中国から渡来し,観賞用に栽培されている。全草に細毛が密生し,茎は円柱形で高さ 60cmぐらいになる。夏,枝先に集散花序を出し,直径 4cmぐらいの美しい5弁花をつける。普通濃い紅色であるが,白花もある。花弁の先がなかほどまで深く数片に裂け,おしべ 10本とめしべには5本の花柱がある。和名は京都の仙翁寺に植えてあったためといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

センノウ(仙翁)【センノウ】

中国から渡来し庭に栽植されるナデシコ科の多年草であるが,現在栽培は少ない。60cmほどの高さになり,全体に細毛を密生し,節が高く,広披針形の葉を対生。夏,枝先に集散花序をつけ,径約4cmの深紅色の花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

センノウ【センノウ(仙翁) Lychnis senno Sieb.et Zucc.】

中国原産で,日本でも古くから観賞用に栽培されるナデシコ科の多年草。和名は昔,京都の仙翁寺で栽培されていたことによるという。茎は直立し,高さ約50cm。葉は長さ7cmほどで,卵形から長楕円形,両端はとがり,両面とふちには毛がある。7~9月,茎の先に集散花序をつける。萼片は合着して萼筒となり,棍棒状で長さ約3cm,10脈がある。花は直径4cmほどで濃紅色,先は4から6に不規則に裂ける。シロバナセンノウ呼ばれる白花品もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone