コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センノウ(仙翁) センノウ Lychnis senno

3件 の用語解説(センノウ(仙翁)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

センノウ(仙翁)
センノウ
Lychnis senno

ナデシコ科の多年草。古く中国から渡来し,観賞用に栽培されている。全草に細毛が密生し,茎は円柱形で高さ 60cmぐらいになる。夏,枝先に集散花序を出し,直径 4cmぐらいの美しい5弁花をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

センノウ(仙翁)【センノウ】

中国から渡来し庭に栽植されるナデシコ科の多年草であるが,現在栽培は少ない。60cmほどの高さになり,全体に細毛を密生し,節が高く,広披針形の葉を対生。夏,枝先に集散花序をつけ,径約4cmの深紅色の花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

センノウ【センノウ(仙翁) Lychnis senno Sieb.et Zucc.】

中国原産で,日本でも古くから観賞用に栽培されるナデシコ科の多年草。和名は昔,京都の仙翁寺で栽培されていたことによるという。茎は直立し,高さ約50cm。葉は長さ7cmほどで,卵形から長楕円形,両端はとがり,両面とふちには毛がある。7~9月,茎の先に集散花序をつける。萼片は合着して萼筒となり,棍棒状で長さ約3cm,10脈がある。花は直径4cmほどで濃紅色,先は4から6に不規則に裂ける。シロバナセンノウ呼ばれる白花品もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

センノウ(仙翁)の関連キーワード華鬘草透百合石竹仙翁玉の簪唐竹頭巾薔薇難波薔薇トリカブトテッセン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone