セー(Henri Sée)(読み)せー(英語表記)Henri Sée

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セー(Henri Sée)
せー
Henri Sée
(1864―1936)

フランスの歴史家。パリ近郊のサン・ブリスに生まれる。ソルボンヌ大学で歴史学を修めたのち、1893年レンヌ大学に招かれ、1920年病のため引退するまで同大学の教授を務めた。師フュステル・ド・クーランジュから厳密な客観的研究方法を学び取り、ブルターニュに関する特殊研究のほか、中世から19世紀までのフランスおよびヨーロッパ諸国の農業・土地制度、商工業の発展などについて多数の著作を発表、フランスにおける経済史学の確立者となった。根本史料に基づく史実探求と比較史的方法、さらに総合的歴史把握を重視し、その研究成果は『近代資本主義の起源』(1926)、『フランス経済史』(二巻、ドイツ語版1930、36、フランス語版1939、42)などに集約されている。

[服部春彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android