コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼロ戦 ゼロセン

百科事典マイペディアの解説

ゼロ戦【ゼロせん】

旧日本海軍の零式艦上戦闘機(1940年制式)の通称。零(れい)戦とも。太平洋戦争初期には世界最高水準の戦闘機で,特に格闘性能にすぐれ,連合国空軍を畏怖(いふ)させた。
→関連項目戦闘機中島飛行機[株]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゼロせん【ゼロ戦】

正式には零式(れいしき)艦上戦闘機といい零戦(れいせん)とも略称される。旧日本海軍が,日中戦争から太平洋戦争全期にわたって使用した艦上戦闘機。1937年から三菱重工業堀越二郎を設計主任として開発を行い,39年初飛行,以後海軍により試験・改良が行われ,40年(皇紀2600年)制式採用となった。皇紀の末尾数字を取って零式といわれるが,アメリカが“ゼロ・ファイター”と呼んだため,ゼロ戦の呼名が戦後普通になった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゼロせん【ゼロ戦】

旧海軍の「零式艦上戦闘機」の通称。太平洋戦争直前に完成。航続距離が長く、軽快で運動性に富み、当時の世界水準を抜いた単座の高性能戦闘機であった。零戦れいせん。 〔皇紀2600年(1940年・昭一五)に制式採用されたところからの称〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ゼロ戦の関連キーワードハンググライディング多賀城海軍工廠映画風立ちぬグラマン軍事技術佐々木譲風立ちぬ五十嵐勇永遠の0会田誠震電

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゼロ戦の関連情報