コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソウシチョウ Leiothrix lutea; red-billed leiothrix

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソウシチョウ
Leiothrix lutea; red-billed leiothrix

スズメ目ガビチョウ科。従来はチメドリ科に分類されていた。全長 14~15cm。背面は暗黄緑色,に赤斑があり,風切の縁は黄色。下面は淡く,喉は黄色で,胸に赤褐色の帯がある。インドネパールヒマラヤ山脈山麓から中国南部にかけての地域とチベット自治区の一部,ミャンマーに,いくつかの地域に分断して分布する。飼いやすく,羽色が美しくて声がよいので,日本にもかつては飼鳥として多数輸入されていた。日本やハワイ諸島の一部には外来種として自然繁殖している。日本では標高 1000m以上の落葉広葉樹林にすみ,近年,本州中部以南で分布や生息数を増やしている。特定外来生物に指定され,生態系を変化させるなどその影響が懸念されている(→帰化生物)。現在では輸入は原則として禁止されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソウシチョウ
そうしちょう / 想思鳥・相思鳥
red-billed leiothrix
[学]Leiothrix lutea

鳥綱スズメ目ヒタキ科チメドリ亜科の鳥。全長約15センチメートル、鮮やかな羽色と美しい鳴き声によって、日本では江戸時代から飼い鳥として親しまれ、欧米でも、「日本のナイチンゲール」Japanese nightingale、「北京(ペキン)のロビン」Peking robinとよばれて飼養されている。上面はオリーブ色、のどは黄色、胸はオレンジ色、腹はクリーム色、嘴(くちばし)は鮮やかな赤色をしている。ヒマラヤから中国南部の、海抜1500~3000メートルの密生した竹やぶの中にすむ。活発に動き回り、昆虫、木の実などをとる。低木の茂みの中に巣をつくり、3個の卵を産む。ハワイ諸島では飼い鳥が野生化している。[竹下信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ソウシチョウの関連キーワード外来生物相思鳥知目鳥

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android